« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

得して損した(-_-;)

損して得する

とはよく言いますが、逆のパターン



one
母がベビーシッターにいって、依頼者に2万円すられたdash

逆じゃないですよ。シッター側がすられる

two
照明をしぼって節約と思ったら、意味なかったdown

無段階調整(ぐるっとまわして明るさを調整するタイプ)の照明を
ぜつみょ~~な所で調整し、
(早めの時間は明るめ、遅くなるにつれ支障ない程度に暗くしていく)
私たちこんな細かい所まで節約してえらいね~って自己満足していたら、
あれは小さく絞っても消費電力に関係ないらしいcoldsweats02

three
電球をLEDにかえたら、すぐきれたsweat02

LEDにあわないタイプだったらしく、むしろいつもよりずっとはやく切れた。
ちゃんと電気屋さんにきいて、ここはこの電球OKといわれたのにbearing

まぬけな家族ですshock

2011年1月26日 (水)

なんかやりきれない

この間テレビで特集されていた拒食症のフランス人女性 イザベルさん

母親と浮気相手との間の子供で、母親は紆余曲折で相手にも逃げられ
子供が小さいままだったら愛情が戻ると考えてしまい

イザベルを小さい頃から軟禁し、人にも会わせず、
彼女自身も大きくなってはいけないと洗脳されていったというお話

(その母親も病気だったという事でした)



途中まできづかなかったのですが、

彼女を見たことありましたsign01



ぴんとこなくても、おそらく、その写真を見ればわかる方も多いはず

ショッキングな拒食症のモデルのヌード写真
一度みると忘れられません

彼女自身の意思で出演することを決意したそうです。
恐ろしさをあらわすには、ありのままを見てもらうしかないと。

また、収録にあわせて来日してスタジオ出演し、
病気のおそろしさと立ち向かう強い意志を語っていました。



でも、亡くなったらしい

つい最近みたばかりなのに。来日が負担になったのかな、、、



もちろん、拒食症を克服して元気になっている方もいますが、
小さい頃からで長期間に及んでいたので、
少しずつたべられるようになってきてはいても、
すでに脳も内臓も受け付けなかったようですsweat01

彼女はまったく知らない人だけれど、
周りで、若い時からずっとわずらっていて、気にはなっていて
連絡をとっていない間に亡くなってしまった方がいたので、

なんだか我が家ではだぶってしまって、
なんともいえない思いが漂いました。


切ない時間でした

2011年1月12日 (水)

お花に囲まれて☆**

12月は、きれいなお花がつぎつぎにやってきましたheart04




まずは、お家に遊びにきてくれたお友達が作った、
クリスマスっぽい赤いプリザーブドフラワー

お菓子もくれたのに、お花までtulip
(なぜか「千両箱」とかいたダンボールに入っていましたwink

201101_007_2 

なのにプリザーブドなのを気づかず、お水をやっていた私wobbly
あ~ごめんなさい。。。sweat02

ゴールドのろうそくだけ外すと、一気にクリスマスっぽさがなくなり、
普段に飾れますnote




こちらは、近所の方が作っているプリザーブドのアレンジを、
初めて購入した、お正月用のお花

Photo

購入といっても、これで稼ごうという方ではないので、
プリザーブドフラワーで花器も立派なのに破格のお値段sign03

お正月らしい飾りとマッチしていてすてきでしたshine

見てわかるとおり、着物の小物が惜しげもなく使われています。
帯締めや、着物用コートのとめ具など、、、
こういう風に使うのかぁflair としげしげと見つめてしまいました。

201101_005

きっと、お家にある着物の小物を使っていらっしゃるので
お安くしていただけるのでしょうup

お雛様の時期には、飾りを変えて
ひな祭りバージョンにして下さるそうで、
次はどんな飾りにしてくださるのかたのしみですhappy01




そしてそして、大晦日には、花束のプレゼントがcherry

ひとつひとつのお花が見たことがないくらい特大の、ジャンボ花

Photo

お花をもらって喜ばない女性はいないとよく言うけれど、
本当にお花はお値段も高くて枯れてしまうけれど、
やっぱり華やぐし、見ていると心があらわれるもの

普段は買えなくても、お客様が来るときはたとえ一輪でも
かざっておきたいなぁと、この歳になると感じます

年末は、思わぬ形でお花に囲まれることになり、
とってもうれしいheart

2011年1月 8日 (土)

どこでも生きていけるそら

先月、お友達があそびにきてくれましたgemini

もちろん、そらはその子がきた途端に足にがしっとしがみつき、
おひざで寝て、ずっと甘えっぱなしcatface

私がいなくても、まったく気にしない様子gawk




以前はお向かいさんから電話があり、

「今お客様が集まっていて、ちょっと貸してほしいものがあるの。」

「なに?」

「そらちゃん」pig

という事でそらをお貸しし、そのときも一度も床におりる事がなかったそうです。。。




我が家でお客様がきた時も、本当に誰がきても、初対面でも、
おひざでずっと寝て、床にいることのないそら。。。coldsweats02

きっと彼女はどこの家で飼われてもいいんだろうな。
あたたかくておひざがあれば。。。はは。。。coldsweats01

当然のように寝ないで、ありがたさをもうちょっとわかってほしいけど。




ま、その分ちょっとメリハリつけて
最近おこる時は、やり方を前よりグレードアップしました。
(といっても、たたいたりする訳ではありません)

人が出入りした時にほえたり、家族が帰ってきた時、
玄関の下におりる時、口の周りをさわられてグレムリンになる時。。。

怒られるときは自分でもわかっているようで、
もじもじしながらも、いちおう悪いことをやめます。

ことしは良い子になろうね、そらup




城南信金でちょっとした契約時にもらった
New毛布にくるまれて ぬくぬくするそら

Photo_2

そして、また寝た

2_2

毛布だけではなく、ミニ湯たんぽも入っていて、
ペット好きをターゲットにした まさに現代のプレゼント。。。

Photo

↑大きさがわかりにくいですが、手のひらサイズなんですsign01
  そら大喜びhappy01

2011年1月 4日 (火)

【謹賀新年】日本をあじわう

あけまして おめでとうございます

ばたばたして大掃除もできず、寒い日が続く年末年始ながらも、
お天気がよくて 気持ちよく新年をむかえられましたflair

若いときも、年越しはなんだかテンションあがり夜更かししましたが、
そういう盛り上がりとはちがう意味で、
今は年があらたまる事のすがすがしさを感じます。

年を重ねると あたりまえの事がいかにありがたいか
しみじみ感じられるからもあるのかもconfident

元旦ではありませんが、お着物を着て亀戸神社に初詣にもいきましたfuji

日本のお正月、というものを感じられてうれしかったです

Photo

そんなに大きな神社でないのですが、混んでいましたsweat01
(意外に元旦の明治神宮はそこまで混んでいなかったとか)

でも 待っている間も空が澄んでいて、
雲がふしぎな形できれいにならんでいましたcloudhappy01

橋を2つ越えるので、人の頭がいっぱい見えておもしろかったcatface
そして、スカイツリーがよく見えましたnote
(写真はいい位置から撮れませんでしたが)

私は生で見たことが殆どなかったのですが、
まっすぐ立っているのに傾いているように見える技術だそうですね。ピサもどき?

2

おみくじも何年ぶりかでひきました。
(こわくて普段はなんか引けないのです。。。)

吉で、内容も良くてまぁ満足な出だし。おしるこ飲んで帰りましたjapanesetea

昔は家でお酒を飲む気は起きなかったのですが、
ストレス解消や、帰りを気にせずまったり飲める雰囲気に味をしめて、
最近はよく寝る前に飲んでしまいますbottle

お正月だと、それも堂々と飲んでいい感じが、
お昼間でもみんなで飲んで、でれっとするのがこんなに贅沢なことだとは、、、

あぁ、ただでさえだらけているのがもっと自堕落に。。。wobbly
でも、それだけストレスがいつの間にかたまっていると自分でもわかるので、
まぁいいかcoldsweats01

だらっとしながらもきちんと目標をたてて、こころあらたにすごします。
そして大掃除はできなかったから、今年はお部屋をきれいにするsign03

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »