« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

くるくるぽん

●真摯な姿

たまに、沈んでいたり、なんとなく元気がでない時、
フィギュアスケートの浅田真央ちゃんの録画や動画を見ると、元気をもらえる。

というか、見たくなる⇒つらかったり、弱っているんだな

と自分で気づくことも。

でも、最初からではなかったな。

出たての頃は、すごいなとは思ったけれど、
まだプレッシャーもなくていいな、とか
努力家とも知らず、若い勢いが印象的で。

追われる立場に肩入れしがちなので、
ベテラン選手たちのプレッシャーを推し測っていたなぁ。

今じゃ、リンクに立つ姿をみるだけで涙が出そうになる。
どの世界でも、ひとつの事に真摯な人の瞳eye
なんて心をうつんだろう、と思うshine




●くるくるぽん

佐藤信夫コーチは、もともとあの癒し顔deliciousと、
演技前の教え子への「くるくるぽん」※
を見るのが好きだったので、うまくいってほしいな。

※背中をさすってぽんと叩いて送り出す儀式note
 別名、ちちんぷいぷい(勝手に命名)
 信夫ちゃんは真央ちゃんにはやらないけれど。

コーチとしてどうかは詳しく知らないし、
もちろん、相性があるものなのでわからないけれど。

大人になってからのコンビネーションなので、
すでにできた形や意志を修正する事は容易ではないだろうけれど。

でも真央ちゃんも信頼してがんばっているし、
ジャンプの癖も直ってきているみたいなので、うまくいくといいな

余談ですが、、、
信夫ちゃんは、キス&クライで座っている時、
足を開いていると、閉じなさいと注意する。

偶然昔の録画をみた時に、その事を思い出していたら、
あ、確かに当時は足を開いていた。
(スケート靴をはいているとそうなりやすいのだと思うけれど)

点数には関係ないけれど、すてきだなぁ。
日本人だなぁconfident




●つづけること

コーチが、昨年から取り組んでいるジャンプの矯正について…
良くなってきている。でも、時間が必要。
あとは、本人がそれを我慢できるか。

と言っていて。

毎日練習してもなかなか先が見えないのは
見ている以上に本人はつらいだろうなぁ。忍耐勝負だなぁ。

自分に厳しい人だから特に。

でも、多くの選手がオリンピックがおわった後などに
休養したり、一度引退してまた戻ってきたりするのに、
どんなに不調だったりつらい事があっても逃げずに
やり続ける、という事は本当にすごいflair

これは、イチロー選手がけがをせずプレーし続けていたり、
将棋の羽生さんも、七冠王をとる事よりも、
続ける事がいかにすごいかを気づいたと
話している事と共通するなぁ。

なんの特技もない自分自身も、
何かを続ける事の大切さだけは頭においておこうっと
(できていないけれど)




●正座して見守ります

若い時と比べて、経験や体の成長により
心身の変わるバランスを崩す事は多くある。

凡人でも自分の加齢変化をさみしく思う気持ちから、
他人にもその思いを重ねてしまい、
歳をとったら若い頃とは違う良さがある。
し、そう思いたくなる。(スポーツ選手だけでなく)

もちろん、なんだって歳を重ねたら失うものと得るものはある。
瞬発力やスピードは失っても表現力や知力細かい技術力がついたり。

でも、ひいき目でいい所だけ見ても、
客観的に得た部分より失った部分が多かったら、
素人じゃなかったらうれしさも半分だし、かえって悲しい。

バイアスを抜きにしても、客観的に見て
当時より良い演技ができる、という状態を迎えてほしいな。

演技力はもちろんついたけれど、
ジャンプも、焦らず、でもいつか
若い頃の軽々と飛んでいた時をこえてほしい

ま、不調でも見守りつづけていく事しかできないけれど。
次回も正座して見まーすribbon

余談ですが、、、
マツコデラックスがあんなにフィギュアファンだとは知らなかったwink

2012年1月15日 (日)

お教室だいすき

そらは、近くのお教室に通っていますchick

といっても、月謝制でもなく(行った時のみ数百円払う)、
気楽なお教室

もちろん、シェパード、ラブラドール、プードルなど、
賢い犬はよく訓練されるととってもよくできるけれど、
そうでなくても怒られない和やかな雰囲気clover

先生がやさしいので、そらも大好きなようnote
(やさしくてもやっぱり先生に連れられるとキリッとするflair

ただ、伏せで待てをやっている間に
(ふつうは我慢できなくてうずうずする所)、

そらはそのままうとうとしたりsweat02
(呼んだら起きて眠そうにのそのそ来る)

あくまでマイペースcatface

家でもあまり復習しないので、スローペース、、、

しかも、臆病なので、家では1m以上余裕で飛ぶのに、
バーを飛ぶアスレチックはなかなか飛ばない

やっと飛んだけれど、失敗したらそれ以来また飛ばない

↓失敗の瞬間

Photo

先生の一人が飼っている、
大きくて白い毛並が立派なホワイトシェパードは美しいshine
色が違うだけで、シェパードのイメージがかなりかわります

でも、そらにはちょっとこわいようcoldsweats01

Dsc00377_16

↑サンタの衣装で参加したとき。すごい大きさの差sweat01

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

2012年1月 7日 (土)

【パリ】4度目にして、初の…

前回のパリは、ニースと半々で時間もなかったので、
主にお買い物と、行った事のなかったピカソ美術館を訪問したくらいsweat01

今回、ひさしぶりに観光もして、
定番のルーブルやシャンゼリゼもいきました
行った事のある場所でも、久しぶりなので新鮮flair

そして、さらに新しい所にも挑戦sign03

…モンサンミッシェル、はじめての美術館、細かいお買い物…

newモンサンミッシェル

気になりつつ、遠いし、いかないままでした。。。
お金かかるし、一日がかりだしsweat02

でも、急遽いく事になり、チケットを買いにrun

バスは本数が多く、その場で購入で平気と書いてあったので、
TGV(高速鉄道)のチケットをモンパルナス駅で購入することに。

がんばってフランス語で買うと、モンサンミッシェルときいて、
バスも込みで取ってくれましたbus

後で知ったのですが、同時に買うと割引があるようなので、感謝up
フランスで気を利かせてくれる事ってあまりないので(笑)ラッキーですbleah

Dsc00196_6

↑もっと離れて撮った方がきれいだけれど。
 周りは干潟が広がってここだけぽつりとあらわれる、現実離れした世界

Dsc00191_2

↑いく途中にもジブリの世界が

new家具の美術館

ルーブルそばの穴場~

インテリアを見るのは好きで、詳しくないけれど、
コルビジェなどのデザイナーズチェアの
ミニチュアセットも持っています
(川島なお美さんももっているもの。安いけどかわいいheart04

今回、ルーブルのすぐそばに家具の美術館があると知り、行けました。

近代のものばかりかと思いきや、昔からの年代別になった、
かなり本格的な美術館sign03

最終日で時間がなかったのに
お目当ての場所になかなかたどり着かず、
スタッフの方にガイドブックの写真を見せて聞くはめに。。。coldsweats01

近代からは割とコンパクトですぐおわりましたが、
なにせはじめて知った場所なので、満足note

しかも、有名美術館のように混まないのが良いconfident

Dsc00283

new専門店

円高だけれど、ブランド物は縁もお金もなくてみただけでしたが、
小さいショップを結構回れましたnote

路面の店舗を見ると、買えても買えなくても、
その土地の文化を感じられて、好きhappy01

改めて、なんてくつやさんが多いの!!と感じましたboutique

小さいサイズがあまりなさそうなので、
買おうとは探しませんでしたが、もし買おうとしたら、
サイズがあっても多すぎて決められなそうです、、、

石畳の歩きにくい道なのに、みんなちゃんとヒールを履いているし。
私なんて、一日だけきちんとレストランにいくためヒールを履いただけで、
何度もつっかかって転びそうになって足が痛くなったのに。。。

メトロや街でも、特にお金をかけた服装をしていない人でも、
おしゃれな靴を履いている人がいっぱいで、
見ているだけで楽しかったなぁ

小さい子供も、日本のかわいさ優先とは異なる、
しっかり機能的なブーツを履いている子が多かったです。

また、くつだけでなく、
路面の専門店が全体的に充実scissors

ナイフ、紙、傘、手袋、などの老舗ショップが元気という事は、
支えている地元の人も、便利でお得な大型店や
デパートにばかり行かず、根強くファンがいるのだなぁと感心
(欧州不況で活気がなくなっていくかも知れませんが、伝統的には)

チーズやオリーブオイルの専門店は、イタリアとともに、食の国らしいrestaurant
同じくイタリアもメンズのお店の割合が多いけれど、フランスも多いなぁ
(あ、日本も有楽町に新しいメンズ館できて
 男性服飾も少しずつ増えてきていますが。)

Dsc00010 Dsc00239

Dsc00111

(左上から、オリーブオイル屋さん、ペーパーショップ、チョコやさん)

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラも日本では高くて買えないので、
パリで楽しみましたdelicious

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2012年1月 3日 (火)

着物まで、、、

あけましておめでとうございますfuji

昨年は良いことも悪いことも、最後まで目いっぱい

その分、いろいろと考えられたり経験できて、
きっと糧となっているはず

忘れられない年になったことは間違いないsign01

今年の目標はまだ考え中ですが、
とにかくやろうと思った事を「行動」に移そうと決意

あとは、物を減らそうっと、、、

そらはついに今年、着物をきせられてsweat02

Dsc00352


↑ちょっと悲しそうな目でうったえるが、
 もはやあきらめている様子(?)
 

サンタの衣装とはちがってお着物は
犬には似合わないようで、、、かわいくないしdown

首にまくふわふわが、むちうち用のコルセットみたいだしcoldsweats02

Dsc00323


↑自分でも気になるらしい。背中についているもの、なあに?

すぐ脱がしてあげました。
人間でも、着物をぬぐとすっっきりするものね。

昨年は「後へ」や「たって」とか、いろいろと習得したそら。
(若干、伏せとお座りと立ってを混合しているけれどsweat01

ことしも少しずつ、覚えてねcherry

今は、ハウスを覚え中wink

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »