« 【子育て】イクメンより穏やかな夫 | トップページ | 【子育て】一人目は二人目のように、二人目以降は… »

2015年8月13日 (木)

【フランス】色使いの素敵さとフランス女性の凛とした生き方

子育て中だとまとまった時間がとれなくて
本格的な本は読む余裕がないのでsweat02

読むというよりさらっと見られる写真が多い本が
いいな~とこちらを借りてみたら

パリジェンヌのスタイルある暮らし 

Photo

普段旅行では見えないお家の中を見られたりshine

子育てをしながらの生活のマネジメントに
ついて考えさせられたりflair

おしゃれさshineと生き方と両方見られて

思ったより内容が濃かったwink



良く聞くフランスと日本の違いについて
やっぱりと思い、
(ヴァカンス好きや結婚・PACSの割合、
 子育て中の家事の外部委託の気軽さなど)

頑張りすぎない、無理をしないのは
日本の疲れた母さんが多い国からみると
いいなと思う一方で、

フランス女性でも私たちと
似たような事で悩み、苦しんで頑張って
自分なりのやり方を模索しているという
当たり前の事を再認識したりup

ただ、社会やパートナーや親などの目が
日本より介入して母たるもの…とか
言われないのは大きいとは思うけれどsweat01

でも最後は自分でよりよい道を選び、
凛としてその選んだ道の中で最善を尽くす、
覚悟をもっているような印象。

好き勝手しているように見えて、
自分で責任を負うから潔いflair



そしてそして、
写真としては、色使いのきれいさで
おうちがおしゃれnote

フランスにホームステイをした時も思ったけれど
フランスのおしゃれさは、ファッションよりも
インテリアや建物、特に色使いにあると感じて
この本でもやっぱり~と改めてうっとりheart04

壁紙も白のみは少なく、かといって
雑多にならない絶妙な分量と色味event

特にグレイッシュな大人っぽい
ブルーやグリーン、パープルを
子供部屋にも使っていて素敵
主寝室やリビングは落ち着いた
ベージュや淡いグレーなど、
また紺や赤をポイント使いしていたりgood

メリハリのある色使いはさすが~art

ステイ先のおうちも、キッチンはブルー
子供たちにはそれぞれのテーマカラー、
リビングなどはシンプルなベージュ基調
など、部屋に合わせていたなぁcherry

Dsc03013

Dsc03020

また行きたいなぁ、バイヨンヌ(正確にはアングレット)

というかホストファミリーのおうちhappy01

 過去記事: 先生のおうちは素敵♪

         バスク地方の特産

         ホームステイのまとめ

今回本を読んで、懐かしくなってしまった…

お家が特別広かったり豪華でなくても、
居心地がいいと外で無理にぜいたくしなくても
快適で満たされるし、次のお家は
心地よくしたいなtuliptuliptulip

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

« 【子育て】イクメンより穏やかな夫 | トップページ | 【子育て】一人目は二人目のように、二人目以降は… »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159203/61148239

この記事へのトラックバック一覧です: 【フランス】色使いの素敵さとフランス女性の凛とした生き方:

« 【子育て】イクメンより穏やかな夫 | トップページ | 【子育て】一人目は二人目のように、二人目以降は… »