« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

【ベビー用品】ベビーゲートのかわりで遊びにもなっちゃった♪

寝返りから腹ばいができるようになると、
急に活発になった息子

 →5,6か月からの男の子はやっぱり活発!

さらに7、8カ月でハイハイできるようになると、
自主練してだんだんうまくなり、
やがていろんな所にいけるようになって、
中でもキッチンにやたら入りたがるrunrunrun

そうだよね、ママがいつもいるし、
魅力的なごちゃごちゃしたものいっぱいだしcoldsweats01

で、ベビーゲートを買わなきゃと思いつつ
もうすぐ(息子1歳をすぎたらすぐ)引っ越すので
今の寸法で買ってしまうと、
引っ越し先で使えない可能性もあるし。。。sweat02



と学生時代の友人(子育ての先輩)につぶやくと

 頻繁に通るので、ゲートだと開け閉めが
 自分も面倒になってしまう場合があるdash

 大人はまたげるけれど赤ちゃんには
 乗り越えられないようなものが楽だったよflair

 赤ちゃん本舗で売っていたけれど
 突っ張り棒を二本とその間にネットのようなものを
 張れば似たようなものができるよgood

と聞いて、突っ張り棒を設置scissors



いざつける段になると、なかなか難しいsweat01

上が低いと乗り越えてしまい、
下が高いとくぐってしまい、

かといって下を低く、上を高くしすぎると
こんどは二本の間をくぐり抜けてしまいcoldsweats02

すごいね、赤ちゃんの執念sign02

誰が教えたわけでもないのに、
ちゃんと乗り越えたりくぐったりと
いろいろ工夫して課題を克服しちゃうup

息子にはいい勉強なので、しばらくは順番に、
上や下や真ん中をぎりぎり通れる位置にして
しばらく活用…

上から乗り越える時は、勢いあまって
頭からごろんと転がってしまう事もsweat02
ちょっとびっくりして泣くけれど、
そこまで高くないので、ごろんとなっても
頭を強く打つ訳ではないから、あえて手を出さず
泣いたら声をかけてねぎらってあげることに。

やはり一人目はついつい目が行き届く分、
過保護にしてしまいがちなので
大きな危険がない事を確認しながら
下の記事でも書いた通り、
先に先に手を出さないよう気を付けてflair

 →一人目は二人目のように、二人目以降は…

そしてひとしきり楽しんでから
調整の末、絶妙な位置に設置happy01


え~入れなくしちゃったの、いじわる~weep

Imgp3598



ママ~入れてよ~とのどを自分で押し付けて、
げほげほsweat02

Imgp3599



もしかしたら、がんばればくぐれるかな~flair

Imgp3600

くぐれない高さだよ~bleah

と、今でも試みたりしていて、見てほのぼのしちゃうsmile

遊具がなくても、なんでも遊ぶ道具になるのが
赤ちゃんのたのしいところheart04

これからもいろんな工夫をして
体の動かし方や、課題の克服という頭も使って
たくましくなっていってねsign01

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月23日 (金)

【子育て】夫婦のいいバランスをさがして

夫婦ふたりきりgeminiから子どもができると、

夫婦の会話も生活もガラッとかわり

奥さんも専業主婦でも忙しくてイライラしたり、
不安定になったりsign04
夫も育児や家事の負担が増えて
不満が募ったりイライラしたりdash

ぶつからないように、
ほどよい距離が保てればいいけれど
家事育児をお願いしたりされたりの場面は
どうしても多くなるので、そうもいかず…

お互い余裕がないと
ついつい余計なことを言っちゃったりsweat02
相手のささいな言動が気になっちゃったりsweat01

で、険悪な雰囲気がtyphoon

みんなあるあるchickchickchick

(男性がとっても年上とか懐の深い人、
 女性がとっても控えめだったり余裕があれば
 別だけれど、でもどちらかが一方的に我慢するのは
 相手に対し諦めているようで、いいのか悪いのかsweat02

Img_1264

ちなみによくあるのが、寝かしつけ

寝付く時に旦那さんが帰ってくると
苦労して時間をかけてやっとうとうとした所で
起きちゃってテンションもあがっちゃって
旦那さんもあう時間がなかなかないから
ついつい近寄ってあやしたり笑いかけたり

そのため、帰るメールすると、
奥さんから今は帰るなメールがくる
おうちも多いとかsweat02

さすがにそれは悪くてしないけれど、
なかなか寝付かない時にそれがあると
ほんとーーーに疲れ倍増dash

歩き回る時期になって
お昼間疲れればばたっと寝るんだろうけれど

だし、奥さんのためというより
子供の早寝早起きの習慣が崩れたり
つきにくくなっちゃうから、重要なところsign03

遊ぶならお互い早起きして朝sun

朝が遅いお仕事の人は、
一旦子どもと起きてしばらく戯れて
二度寝するとかいいかもflair


と、話はそれたけれど、、、
元々、細かく指示されるのを好まない男性は
多いので、お願いする時も
あれこれ言わない方がいいのは
頭ではわかってはいるんだけれど…

そして、どうしても経験値がちがったり、
いつもと違うようにすると
他に不具合がでたりする時もあるし

(家事だと片付けが面倒になったり、
 育児だとやっとできた習慣が崩れるなど)

でも、相手も不快になると
日頃のダメ出しをされたり、
手伝いもいやいやするようになって、
それでまた自分もムカムカしちゃったり
お互い相手にいやーな言動をしてしまい、
どんどん雰囲気が悪くなる…

自分はこんなに頑張っているのに
相手はなんでこうなんだろう云々sweat02

なんて悪循環sign03

子どもにもそういう雰囲気はよくないし。。。



いつも、夫には、
人は鏡
会社などで嫌な言動の人がいたら、
相手を批判するより、自分を見直すといい。
相手は自分の鏡、実は自分の表情が曇っていたり
いい言動ができていないのではないか?
を見直すとかわったりするよ?

相手は変えられなくても
自分は変えられるっていうし~

なんて言っているのに、

自分こそできてないぞ~~~runrun

お互い相手を不快にさせるスパイラル、
もったいない~~
typhoontyphoon



子どもは二人の子なので
やっぱり奥さんだけでなく
二人でした方がいいと思うし
それで家事育児を手伝ってもらう時
感謝は必要だけれど、
妻が夫のご機嫌をとらなきゃいけないのは
おかしいというか余計疲れちゃう

でも、我が家は夫が疲れていても
私が疲れていると
自ら色々と手伝ったり気遣ってくれるconfident

こちらからお願いばかりだと、
やらせている感、やらされ感があって
お互い気持ちよくないから
進んで手伝ってくれるのはありがたいflair

そうだそうだ、

一時のイライラに惑わされてはいか~んsign03

と、いつも後から反省…

体調もよくないと
こちらもついいい対応ができず
相手も不満が募り、
やってもらって当たり前だと思うなと言われ…

なかなかその場になると
感謝や反省を忘れちゃうので、

 思ったことの2回に1回、
 3回に1回は言うのをやめよう

 こちらからお願いするより
 進んでしてくれるまで待とう

と言い聞かせるようにflair

できない時もあるけれど、
とりあえず唱える癖をつけるように



また、うれしかったのが、
たまに見ていてくれてでかけた時、
ぜひ行っておいでと気持ちよく送り出し、
帰った後も

 「○○(私の名前)が
 前にこう言ってた気持ちがわかった」

とか

 「■■(息子の名前)がもうこんな事までして、
 見てるの大変だね、休む間ないね」

などと言ってくれると

疲れがすーーーっと飛ぶupupup

たとえそう思っても、意地を張ったり、
妻に大きな顔されたくないから言わない
という人もいるから、

言葉にするって大きいflair

普段も、「今日もお疲れさま」、とか

土日も早く起きてはこないけれど、
「自分だけゆっくり寝ててごめんね」

とか、言葉にされるとうれしいheart01

言わないけど思ってるよ~とは言っても、
思うだけでなく、言葉にするかどうかは大違いsign03

すると、ついついお願い事が増えたり
やり方をあーだこーだ言ってしまうのを
少し減らそうと思えるgemini



そして、もちろん人にしてもらって
嬉しいことは、自分もしようgoodなので

 「いつもお仕事お疲れさま~」
 「外で働くストレスは相当だよね」

となるべく言葉にしようflair

相手も仕事の愚痴を以前より
我慢しているのがわかるsweat01

だからこそ、たまに言ってくれた時には
疲れていても、真摯に聞いて
ストレスを少しでも発散してもらい、
いいアドバイスができるようにしようscissors

回数が少ない分、
どういう言葉をかければ気分を害さず、
かといってただ耳障りのいい事ばかり言うのではない、
良いコメントができるのか、
以前も考えていたけれど、
より真剣に向き合うようにしようhappy01



そして、こちらも育児の悩みや愚痴など
あまり話すのはやめよう

話したところで、男性と女性、父と母では
接し方も思考も違うし、似た経験もないから
共感してくれるかわりに

「じゃこうすれば」
「子育てってそういうものじゃないの?」
「気になるなら病院いけば」
「そういう時期なんだから仕方ないじゃん」

とか言われると、すっきりするどころか、
短時間しか見てないのに、とか
共感してなぐさめてほしいだけなのに~~~と
かえってもやもやがたまるだけだしsweat02

立場がちがうからわからないのが当然flair

もちろん大事な事は話すけれど、
こまごました事や愚痴は
子供のいる友達や親などに限定することにbleah



家事育児の分担や会話の仕方など、
夫婦のバランスはゆっくり見つけていって
また時と共に調整していけばいいんだよね。

子供のいる夫婦としては
まだまだ若葉マークだし試行錯誤で当然confident

夫が忙しく疲れている中、
かなり頑張ってくれていることに
少しずつこたえて心が広くなれるといいな

いろいろと修行が必要だけれど
人生、ずっと学びだなぁ

Imgp3361

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月22日 (木)

【ベビー用品】かぶとってちゃんと見たことなかった…(追記)

初節句、といえばどちらかの祖父母から
飾り物を贈る事が多いですねgemini

買ってあげいたい、いや買いたくない
どちらの場合でももめたりする事もあるようdash
(私のお雛様の時も、初の女の子の孫に
 買ってあげたい両方の祖父母がもめたそう 笑)

我が家では

夫の実家(と私の両親の出身)である関西は
通常、嫁の実家が用意するというのもあり、
義母より、いやでなければ息子(私の夫)の
鎧兜を使ってももちろんいいけれど、
孫に買ってあげたいならお好きなのを、
という事で、私の実家が担当にflair



が、いざとなると
一人っ子の私も母も疎い疎いdash

と、無難にデパートの売り場へ
(家から近い日本橋三越さんへ。
 銀座三越さんにも聞いたら、品数が
 圧倒的に日本橋が多いと言われたので)

※髙島屋さんも見たかったけれど、
 子連れであちこち見るのはしんどいし、
 正直こだわりや変わり種を探していなければ、
 どこも似たようなものがあるので、
 どこか品ぞろえの多いところを
 ひとつか二つみれば十分かと。。。

後悔しない選び方ガイド

 

Mitsukoshi2

 (上記のサイトより)   

 train train train

売り場にいくと、正直似たように見えるのに
大きさやお値段がばらばらで、
見慣れない私は軽くめまいが(笑)

どうやら、まず端午の節句の飾りものは

 1.兜だけのもの(平飾り)
 2.鎧まで含まれるもの(全身)
 3.かぶと以外(鯉のぼりなど)

1.と2.は関東(江戸兜)と関西(京兜)で
大きくわけられるgemini

 →江戸兜と京兜のちがい

鯉のぼりも、外に飾る大きいもの以外に
今はインテリアにもなる、かわいいものが
いろいろとでているけれど、
第一子なのでやっぱり兜系かなぁpig

と、いざ兜を見て回るrun
(やはり兜の平飾りが圧倒的に種類が多い)


●よろい付きか

私は1.兜のみがいいflair

 鎧があると、手が込んでいて
 すごいんだろうけれど、人みたいで
 日本人形ばりに夜とか怖そうcoldsweats01


●大きさ

本物の大きさを一として、
二分の一、三分の一、四分の一
という表し方をしてました。

大きいものはスペース上むりだし、
(夫の仕事上、家の購入予定がないし、
 そんなに広い所に住んでいないので)

そもそもあまり大きいのって惹かれないcoldsweats01
(元々ミニチュア好きというのもあるけれど、
 大きいのってこれ見よがしというか、)


●デザイン

兜は大きくわけて、
鍬形か、伊達政宗の三日月が多い

伊達政宗はかっこいいshineけれど、

全体が地味で渋くて、好みがわかれそう

  11122253_795694767181510_1300361459

本人に恨まれてもなんなので、普通のものにcoldsweats01

台は、最近の住宅事情にあわせた、
兜を置く台が収納箱になるものは、
スペースの問題だけでなく、
デザイン的にもすっきりして好みshine

派手なのはいやdespair

 関西風は金が多くて苦手sweat01
 関東風でも、兜のうしろが金屏風のものが
 大半だけれど、木や漆の屏風が好きheart01
 ただ、ぱっと見地味なので、関西に住むし
 関西人の夫の家族には受けないだろうなsweat02

本人もじっくりパンフレットで吟味…delicious
うーんどれにしよっかなぁ

Imgp2822

さらに細かく見ると、

かぶとを編んでいる紐の色が
橙や紺などいろいろあって、
紫のグラデーションのものがきれいup
(紫匂威:むらさきにおいおどし)

  11159287_801960393221614_1170738766

前から見えないので
人は気づかないだろうけれど、
そういう細部がこだわっているものが好みcatface



で、こんなかんじで決定flair

Imgp3083

お膳は簡単に、形だけ鯉にしたり遊んでみた

Imgp3092

5月5日にはできず、だいぶおくれたけど、
まぁいいでしょ。とにかくおめでと~~heart04

お箸も端午の節句の箸袋で
お祝いしました。
というか大人のご飯の時間は関係なく、
息子のお昼寝時間をさけてこの写真とっただけ

とにかく、いつもニコニコで
すくすく育ってくれてありがと~~note

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月13日 (火)

【子育て】迷うことい~っぱい

育児は第一子の場合、
当然なにもかも、はじめてだらけ

姪っ子甥っ子がいる人もいるけれど、
自分が色んなことを責任をもって
決定して…というのはやはり自分の子だけだしsweat01

慣れなくてうまくできないのはもちろん、
迷うこともいっぱいpenguin

Imgp3532


●予防接種

たとえば、これ

普通のお医者さんや区では、
基本的に予防接種は任意も含め
受けた方がいいというし、
受けないと集団生活に入る時に問題になったり

でも、実際現在はまずかからないものもあったりsweat02

自然派の人たちの考えでは、
自然な免疫を育てる方がいいとか、

予防接種は受ける方がとっても危険、
(水銀やアルミなど?)
血液製剤の事件にもある通り、
日本は国と製薬会社が共謀して
健康の事ではなく薬漬けにして
利益をあげることしか考えていないdash

とかとか

まぁ自然な免疫と予防接種による免疫で
ちがうのかは心情的な面もあるのでおいといて、
そして確率がたとえ低くても、かかって重症化して
入院したり後遺症などがでるリスクを考えると
多少悪いものが入っていても、
やはり受けない選択肢は選べないけれどmist

あるお医者さんは、まぁせめて保存料の
入っていない薬をおすすめはしている、とflair

あ、そか
聞けば受ける場合でも種類があるんだねwink

なんかお医者さんには色々聞きにくいし
一種類しかないと思ってしまうけれどsweat01


という事で受けているけれど、

確かに過去の事件を考えても、
製薬会社にいた亡き父が
予防接種を避けていた事を考えても

そして普段も大人でもお医者さんにいくと
必要でなくても、いちおう、といって
ものすごい量のお薬を出す所の多い
今の日本を考えても…

ちょっと一理あるのかも、とは思ってしまうtyphoon


●離乳食

離乳食は開始時期や内容も、
ガイドラインはあっても目安

乳製品や卵は赤ちゃんだけでなく
大人も摂らない方がいいとかいうものも
最近一部で広まっているしsweat02
(私はケーキ大好きだけれどbleah

アメリカで特にグルテンアレルギーが
多いのも小麦をたべすぎただけでなく
原料の小麦そのものがよくないとか

日本はアメリカほど極端な食生活を送る人は
少ないけれど、ベジタリアンでなくても
周りでも色々と食をシンプルに戻している人が
最近ちらほら見かけて

たしかに、現代人がアスリートでもないのに
たんぱく質を無駄に摂りすぎているのは
確かなようだし(笑)
(妊婦に必要な栄養の表でもそうだった)

じょうぶな子どもをつくる基本食

というものを提唱している人もいて

栄養のバランスは必要なんだろうけれど、
今は普段から豪華すぎるのは確かかも、
近年ないがしろにされていた炭水化物を
もう一度見直して、粗食気味にしても
いいんじゃないか、お肉やお魚も高いし、

と昔からの炭水化物好きとしては思ったりcatface
(単に自分がたべたいだけbleah


●くつした

もっとみみっちい事でもなやむ(笑)

私が赤ちゃんだった30うん年前は、
なるべく靴下は履かせない方がいい、

といわれたようですが、

街を歩いていると、

あらあら、はだしでかぜひいちゃうわよ、

とか言われるし、

海外では足から風邪がくるとかで
足付きのロンパースがよくあるし
(ヨーロッパとか、日本より寒いしね)

我が家は
基本は体温の高い赤ちゃんは薄着派なので、
家の中では靴下は履かないし、
動きやすいよう、夏は下着一枚、
そして冬も室内では薄着だけれど

足が冷えてもいけないし、、、
レッグウォーマーほしいなwink


その他、ある時期までは児童館より
母との時間だけでいいとか、
いやいや、早くから特に第一子は
子どもの集団にいった方がいいとかgemini

低い場所の空気を吸う赤ちゃんが
ほこりやダニを吸って喘息などにならないよう
よく掃除する方がいいのか、
アレルギーを防ぐにはきれいすぎるとよくなく
あまり掃除をしない方がいいとか…どっち~down


まぁとにかくひとつひとつが選択の毎日で

やっかいなのが、数多くの判断を迫られるのに
何十年たっても正解がないのが育児chick

無数の選択があるために、
限りないバリエーションがあるので、
ひとつひとつの結果がよかったかどうかもわからないtyphoon

そういう小さくても難易度の高い選択を
日々迫られている母親

それも知らず知らずのうちに
疲れることにつながっているのでは、と思ったり

 父親は、相談にのってくれても、
 どうしても情報量も経験もちがうし、
 一般的にはどうなの?本では?医者は?
 という視点がメインになる事が多いし。


ま、でも周りをみてもみんなそれぞれ
げんきに笑顔で育っているし、
最終的には愛情をもって育てていれば
大きくへんな事にはならないよね

となぐさめるhappy01

12008506_873905456027107_891400869_

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月10日 (土)

【妊娠・出産】長年のアトピーが…!出産のふしぎ

アトピー性皮膚炎fish

背中や腕など、他の場所は
子供の時に治ったけれど、
左手の甲、親指のつけねあたりだけ

ずーっとずっとあってdash



手だと薬もすぐとれる、
家事や育児でどうしても使う場所なので
洗剤や石けんで、またたとえつけなくても
手を何度も洗うと潤いが失われて悪化したりsweat01

そして、手が届きやすい場所なので
かゆみを我慢したくても
寝ている間に自分でかいていて悪化coldsweats01

が続き、もうずーーーっと
20年くらい?



目も届きやすい場所なので、
自分では慣れても、人からよく
怪我?やけと?とか聞かれるし、
自分でも見えてまた気になってしまいsweat02

一時、体調のためにいった鍼で
ついでに手のアトピー箇所にも打ってもらうと

今までで一番改善flair

でも通い続けられず、
いつからかまた戻ってしまったtyphoon

皮膚科にいっても、

 これは長いでしょ~
 皮膚がかたくなっているから
 ステロイドを使っても相当かかるよ

と言われるしcoldsweats02

ステロイドもいいだの悪いだの、
色々な情報があってわからなくなるしdown
ステロイドを使わない自然療法的なものは
宗教まがいのもの、詐欺まであってこわいしtyphoon



半ば諦めていたけれど、
クリームなどで水分を閉じ込める前に
まず水分自体を補うことが大事と聞き、

たしか臨月あたりから
まず化粧水をつけるようにし、

また、水分を閉じ込めるものとして、
なるべく無添加系のハンドクリームやワセリンを
使っていたけれど、クリーム系でなく
浸透するもので試してみよう、と思って
ジョンマスターズオーガニクス
アルガンオイル100%をつけていたら、

ん?改善してきたnote


そして、出産したら、

ん?

なんかかゆくないup
急速によくなっているsign02

そして、肌もごわごわサメ肌だったのが

なおってきたflairflair

ケアなのか出産なのかわからないし
両方かも知れないけれど、

ほんとうれしいshine

ま、そのかわり、右手の薬指に
少しでたけれど…前ほどじゃないしまいっかcatface



きのうでちょうど10カ月を迎えたけれど、

あらためて、妊娠・出産は神秘だわ~diamond

ほんと、人間なんてこむずかしいこといっても
所詮は動物なんだなと感じるbleah

むすこ、ありがとうheart04heart04

Imgp3533

Img_1115_2

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月 4日 (日)

【ベビー用品】抱っこ紐もストッケに♪

ベビーカーもストッケのスクート2にしましたが、
それより先に決まったのが抱っこ紐flair

人気をこえて街の定番となったエルゴは腰で支えると聞いて、
臨月の腰痛が半端なかったために断念typhoon

新生児に使いやすいというベビービョルンも考えつつ、、、
重くなると紐が細くてつらいと聞き最終的にはストッケにnote

特徴は、腰ではなく背中で支えるsign03
(背中にプレートが入っている。これがすぐれものheart04

肩ひももかなり外側についているエルゴの反対で、
背中で一点に集まり、肩甲骨が空いて手が動かしやすいshine

そして、赤ちゃんと密着するととにかく暑いと聞くので、
冬だけれど涼しげなメッシュにwave

ストッケ マイキャリア クール

Mycarrier_cool_1302268i2784

(ストッケのHPより)



●お色

メッシュもコットンも無地のみ、色展開も少なめsweat02

シンプルなものが好みなのでちょうどよかったけれど、
エルゴのように色も柄もいっぱいある方が、
好みにあわせ自分らしさをだしやすいのでつまんないともいえる
(が、そもそもストッケがあまりいないので、
かぶる心配はあまりいらないcoldsweats01

ダンナさんも使うというので、どんな色がいいか希望をきいたら、
ピンクとかでなければ良いという事でした(そりゃそうだねcoldsweats01

ただ、メッシュタイプでなければ少しバリエーションがあるけれど、
メッシュだとこのオフホワイトとブラックの二色のみsweat01

この二色だと、男性っぽい黒がいいかと思いきや、
意外に赤ちゃんには明るい色がいいという夫の意見により、このお色にribbon

私はすきな色なのでいいけれど、汚れだけつきやすいか不安でsweat01

でも、母乳の吐きこぼしなどは白いし、よだれ汚れなども含め、
黒は意外とベビー汚れが目立ちますとお店の方にも言われ

白系は黒ずみはつくだろうけれど、洗えるし、
洗うときコットンよりメッシュは洗いやすく乾きやすいそうで、
そもそも汚れ自体も付着しにくいようwink

(暑さ以外に、汚れの点からもメッシュを選びましたgood



と思い、実際使ってみると、
本当に素材上、オフホワイトでもそんなに汚れなくて、正解up

抱っこするとこんなかんじ

Main_stokkemycarriercool_01

こちらはエルゴのような新生児用の追加の部品なく1ヶ月から使え
ベビービョルンのように紐が細くなく食い込みにくくなっているので、
重くなってからも大丈夫up


●装着

ただ、装着は他のものより面倒sign03

カチッとする箇所が多いdash

首が座ってからは、ある程度つけっぱなしにしておいて、
ベビーをひょいっと入れれば全部を付け外ししなくてもいいけれど、
最初は6か所とめる必要がsweat02

肩ひもも背中で集まり背中で外せないので、
肩を動かしやすいかわりに寝ちゃったままおろすときは
起こさないようちょっと工夫がいる、、、

また、前向き抱っこと対面抱っこ、
そしておんぶの切り替えにちょっと作業が必要flair

93011100_03

でも、その分安全に配慮しているという事でもあるし、
人間工学に基づいて骨格を考えて設計されているので、
どちらを選ぶか、かなsnail


抱っこ紐の事故のニュースがちょうど話題になったし、
ベビー優先で手間は仕方ないよね、という事で使ってみたら、


慣れればお出かけの準備は別に大変じゃないgood

が、出かけ先でつけたり外したりは、
スペースが限られていたりするのでちょっとめんどいcoldsweats01

ま、そのうちベビーカーの移動ばかりになったし、
ある程度大きくなったら一番上のカチッは
歩きながらつければいいしbleah

今はお出かけはベビーカーで、抱っこ紐は毎朝のお散歩と
雨の日に近所の用事などにいく時くらいかな

(日本の年配の助産師さんとかは、
 母親と密着しないベビーカーはよくないというけれどdash

一時期、たんすのこやしになりかけていたけれど、
ある時から毎朝おさんぽをすることにしたので、

毎日登場scissors



ただ、残念なのが、
小柄な女性への配慮sign01

海外のものという事もあり、ベルトであちこち調整可能だけれど
小さくしても腰回りがどうしても大きいsweat01

もう一点、背中のサポート用プレートを外さないと、
たたんでも小さくならないsweat02

それさえなければお気に入りなんだけれどね。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2015年10月 1日 (木)

【子育て・本】フランスの子どもは夜泣きをしない ~意外なおもしろさ

少し前に話題になった
(?のかわからないけれど、
 本屋さんで平積みされていたり、
 図書館の予約数が多いので)

フランスの子どもは夜泣きをしない

Photo



「要は泣いても放っておくというだけ」
というようなレビューを見たり、
欧米では赤ちゃんの時から
子供部屋でひとりで寝かせるので
環境もかなり違うし、、、

とあまり期待していなかったけれど、
いざ読んでみたら、、、

思いのほか楽しめたflairhappy01

※ただし、内容はかなり偏った見方
  という批判があるので、
  その前提で読んだ方がよさそうflair



gemini英米が似ていてうれしいgemini

まず、

日本人が書いたと思っていたら、
著者がアメリカ人で

英米人からみたフランス人
(もちろん個人差、地域差はあるので
 あくまで著者の体験、パリが中心)

って、新鮮shine
(しかもいかにも翻訳っていう文章が
 日本の文章と違うので、
 また新鮮でおもしろかったsmile

英米の理想とされる母親像、
出産後の女性の心身の疲れ
(”母親”に求められる社会通念や
 家庭内の環境、感じる罪悪感)が

思ったより日本に近いup


英米も、産後はもっと母乳にこだわらず
シッターや外部の手を使ったり、
完璧に母が行う事へのこだわりが
少なく割り切る部分が多いと思ったら

(アメリカは両極端で食や志向の幅は
 かなり幅があり、地域などにより
 傾向はかわると聞くけれど、平均値)

結構 母のあるべき姿や負担が大きく
外の目のみならず母親自身が縛られ、

夫に対するぐちもすごく似ているcatface


むしろ、産後はママ友との会話で

ダイエットの話をだすのは暗黙のタブー

というのはびっくりsign03

日本でも育児をがんばっていても
体重がおちない~とかいう話はできるし
英米はママでもおしゃれを楽しんで
女性を捨てない意識かと思ったsign01

(と言っても、日本よりは母乳のみで最後まで
 通す人は少ないだろうし、育児や家事に
 外部の手を入れる人は多いだろうし
 度合が違うだろうけれど
sweat01

 また、シッターを入れても母親も出かけず
 そばにいるケースも多く負担は減らない
 とか書いていたので、

 一人で抱え込む日本とは状況はちがうかな)


英米も子供部屋で赤ちゃんを寝かすなら
フランスと似ているのかと思ったら、

しょっちゅう夜泣きして抱っこ抱っこ
母親(と手伝う父親)がへろへろに
なりながら頑張る様子も、似ているsign03

公園でも、フランス人ママは
スタイルよく涼しい顔をしているのに
英米人は髪はぼさぼさ、
服もよれよれ、表情も疲れて
精神的に常にぎりぎりの状態で、
という記述がなんだかわかるーpig

そして、公園でも子供を追いかけて
またへろへろ、と。うんうん。

母は子供に全部をささげるのが
普通だった日本でも、
今は特におしゃれな街などでは
ばっちりおしゃれお化粧をしている
のも普通の光景になっているので、
英米ではもっとだと思っていたpig

Photo_2


また、

アメリカは、意外と最近は、
赤ちゃん時代は甘やかすというか
子供に振り回されると聞いた事が
あるけれど

本でもそういう書かれ方



食べ物も、偏食が多くて
オートミールやマカロニチーズ、ピザなど
かなり偏っている事が多いと

日本でも好き嫌いは多い子は多いけれど
色んな素材の味を赤ちゃんの時から
体験させるよう指導されるのは
フランスに近いかなwink



批判レビューにある通り、

フランスの良くも悪くも個人主義で
フランス女性というより、パリでは
母親よりも一人の女性としての自分を
大切にしている傾向は確かなので
それを良い方に捉えていて
負の面には目を向けていない。

何より、著者も書いている通り、
パリでも特に良い地域で
周りのママ友の学歴も高く年収も高い
平均以上の家庭環境なので
パリの平均とは見られないだろうなsweat02

また、ママが余裕あるのはうまく
子育てしている人だけではなく、
あまり関わらずシッター(ヌヌー)任せで
子供に愛情をきちんとかけない
人が多いのも確かなようだし。

また、クレイシュ(保育所)のすばらしさは
たまたま良い所にあたったというのも
あるのだろうけれどchick



gemini見習いたい所gemini

まぁでも、その偏りを差し引いても、

新生児から子供のようすを良く見て
泣いてもすぐ授乳に走らない

というのは他の本でも書いていて、
実際お腹がすいて泣く時と
睡眠のサイクルの狭間でぐずっと
するのを見分ける必要性は賛成だし
日本でも個人レベルでなく
もっと区や病院で教えるべきだと思う

識別せず起きるたびに
すぐに抱っこ・授乳すると
睡眠のリズムをむしろ妨げて
しまう経験はあるし陥りやすいので

ただ、注目したのはただの
寝かしつけだけではなく、
その根底にある

赤ちゃんでも守るだけのものではなく
一人の人間として信頼している点

赤ちゃんも少しずつ慣れれば
「待つ」ことができる

躾でも、ただ怒るのではなく、

赤ちゃんの時からきちんと
丁寧なことばで何度も話して聞かせる

つまり赤ちゃんは何もできない
ただ守るだけのものとするのではなく、

一人の人間として扱う



そして、寝かしつけ・子育てだけでなく
参考になるのが、あたふたしない所

しつけもダイエットも夫への要求も

ぶれない

ただし、完璧を求めて破たんしないflair

ルールをしっかり決めて、
でも時と場合で例外も大切にし
(自分や子供や夫の)
無理でストレスがあふれないよう
ガス抜きをうまくする
cherry

という一見矛盾する二者の
バランスをとる絶妙なスタンス

頭ではそりゃそうでしょ、と思うけれど、
いざとなるといっぱいいっぱいになるよね

子育てに限らず、
英米では決めるとストイックになり、
まじめに行いすぎて破たんしてしまう

(食事制限しすぎて隠れてドカ食いしたり)

というのは、え~日本みたい、と
ちょっとうれしくなったりup

(うまくいっている例の)フランス人は
力みすぎず、うまいさじ加減で
ストレスをためない

なので長続きするsign01

Imgp3443


夫との関係でも、
フランスでは英米より
家事・子育て負担は女性が担っている

つまり平等ではない

でもそもそも男と女は違う、という
考えなので、ストレスをためないnote

できなくて当たり前、
むしろそのだめさがかわいいと。

つまり期待しすぎないsign01

夫もがみがみ言われないので
進んで手伝いをするhappy01

そして子供がいても女性として
見てくれ女性としていきる事を
尊重してくれるので、また好循環

確かに、なんでこうなんだろう?とか
思い始めると本当きりがないけれど、

男と女は違うから仕方ないと
割り切れば、自分のためにもいいし
違うからこそ男性の魅力を出すように
したら、良い循環が始まるheart04

英米は日本に夫との状況が似ている
所がうれしかったけれど、
異なるフランスもまた参考になるwink

あくまで個人差も大きいけれど、
とにかく一部だろうがどこの国だろうが、
良いところは取り入れられるよう
修行していこうchick

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »