« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

【出産・育児】女性は変化にいそがしい!

●女性は変化が多い

よく、男性は一般的にコンサバな人も多く
女性は変化への対応が柔軟と言われる
けれど、実際に女性は変化を求められる
場面が多いからかもなぁと思ったり。
(もちろん性差より個人差が大きいけどね)

ちなみに私は変化が苦手だけれどsweat01

多くの場合、結婚・離婚で姓がかわるし
(思った以上に手続きがめんどうdash
 特にフルタイムで働く人は大変sign01

妊娠・出産の体の変化があったり、
今は妻や母として求められがちな
古い女性像と、職場で求められる
ある種オトコ的な要素が両方あったりsweat02

時代は変わったとはいえ、男性同士の
会話とか聞いているとまだまだ
強けりゃ強いであの女かわいげないとか
言われて、良妻賢母だと女は仕事
できないとかめんどいとか言われ…
わが道を突っ走れる人でないと
なかなか立ち位置難しかったりdash



●体の変化

変化に話を戻すと…

その中でも、妊娠・出産・育児は
間に休憩をはさまず生活はもとより
体にもすごーい変化sign03

私の場合、

妊娠     +14 kg
産後授乳期 -17 kg
断乳後    +5 kg

そして断乳前に次の子が授かって
断乳したので間をあけずもう一回転eyeflair

私の場合、妊娠で12kgまでといわれていた
けれど14kg増えてしまい、でも
難産になるような増え方じゃないから
大丈夫といわれて一安心catface

産後はあるあるなのが、
分娩で3キロくらいの赤ちゃんと
羊水や胎盤も含め7,8kg出たハズなのに
退院時にはかると

あら?3,4キロしか減ってないsweat02

というものcoldsweats01

12179978_890625894355063_306291896_

 ママ~がっかりしないで~
 パワーおくるよ~

産後はしっかりたべて
水分もかなりとるようにいわれるけれど
動かないし、母乳もまだ量はでないし。

そしてやたらむくんで、とった水分も
なかにたまっているような感じ…sweat02

なので私は(歳のせいもあるのか)
分娩の翌日くらいはひどい姿だった
(一人目はいきみで毛細血管がきれて
 目の下の肌に赤い点々がでたcoldsweats02
 白目が赤くなるのは聞くけど
 肌にでるとは思わず鏡みてえって)

その後、授乳が軌道にのれば一気に
体重は減りだしたけれど、
最初はこのままなの~?って感じでしたcoldsweats01

 体重だけでなく、後陣痛やら会陰切開やら悪露
 やらって、出産前は陣痛の怖さに気を取られるし
 あまり表だって語られないからよく知らず、
 経験してほー出産てこんなに盛りだくさんなのか~
 と思ったなぁ。。。pig

母乳の飲む量がふえた頃、
更に家庭の事情による体調不良が
重なって、産後7,8ヶ月に-17kgになって
周りに大丈夫?といわれ…
増えた体重が戻って安心しつつも、
育児は体力勝負なので、もう少し
増えた方がいいかなと心配し…

たのも束の間…sign03

離乳食がふえて授乳がへると
またすぐ5kg増えて妊娠前より多いcoldsweats01typhoon

もはやどこが終着点かわからずsweat01

Img_00171

 たそがれちゃうね~



今回も増えたけれど、それより臨月近くに
お腹が異様に大きくなって、切迫で安静を
いわれたけれど、そうでなくても
とにかく動くのがつらかったsweat01

最後は担当のお医者さんも入るなり
あら、なんかお腹大きいですね
羊水が多いのかしら?

とみてみると、やはり羊水多いとのこと。

ベビーは普通の大きさの予想だったけれど
出産したら、ベビーも3700g越えsign03

胎盤も大きかったらしいeye
全部でたら助産師さんも、

あら~お腹がぺったんこ、全然ちがう~

実際には産後のお腹はしばらく
3分の1くらい出たままだけれど、
産前があまりに大きかったのでdelicious

そりゃ重いし動けないはずだ。

でも女性の忙しいのは、やっと
不安な出産を乗り切ったらすぐに
慣れない育児生活がはじまり、
今度はじっとできない日々が待っている



その分、同じ一生でも色んな経験が
できるし、色んな役割があるから
切り替えられていいという人もいるので
それが女性のいいところだろうなheart04

第二子は第一子の時とはまた違う
生活が待っていて、ベビーより上の子の
予定にあわせる日々。
この新しい生活も少しずつ慣れて
新しい世界を楽しんでいければなheart01

Img_2330_2

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【スポーツ】ちょっと知るとおもしろくなる

冬と言えば

snowフィギュアスケートsnow

今はよく知らないけれど、競技自体が
人気になったので選手層も厚くなって
どんどん若い選手がでてきているようで。

450_1
(本田真凜選手:
 日本スケート連盟HPより)   

ここ最近はほとんど見ていないけれど、
前まで好きなスポーツの一つ!
オリンピックでも私の中でハイライトsign03

といってもまったくの素人で、ただ見て
楽しむだけなんだけれど、何年か前に
ジャンプの種類の違いが気になって
ちょっと調べてみました

 →日本スケート連盟の解説
   フィギュアスケートガイド

スケート経験もなく、文章で読むだけ
だといまいちピンと来ないので、
実際に自分の足で形を作ったり(笑)
そしたら…

数倍おもしろくなったup

(もちろんジャンプはフィギュアの要素の
 一つで他の要素もたくさんあるけれど)

・飛ぶ足がどちらか、
・もう一方の足のつま先を
 飛ぶときに下につくか、
・踏み切り方が体の自然な動きに
 そっているか

などで種類がわかれていて、
なぜこれが難易度が上とされているか
もなるほど、と納得flair

(個人の癖などもあるし、一般的論理的な
 難易度と個人の得意不得意はまた別です。
 例えば浅田真央選手は簡単とされる
 サルコウより難しいルッツが得意だったり)

と言っても、ただたのしむ目的なので、
演技を見ていて、解説者がジャンプの
種類を言う前に瞬時に見分けられる
ようになる必要はまったくなくて、

解説者が

 トリプルルッツ-トリプルループ

と言った時に、ただ3回転3回転ね、
だけでなく、

 トリプルルッツ-トリプルトウループ

とどう難易度がちがって、

ぱっと見た目にはこっちの方が
ジャンプも高くてすごそうだけれど
本当はこのコンビネーションを
とぶ方が大変

とか、

コンビネーションの2つ目、3つ目は
これとこれしかない、なぜなら…

とかがわかったり、

見た目の派手さにごまかされず)
地味に見えるものの感動が増す

男子は4回転を何回も飛んだり
より難易度の高い4回転の時代だけれど

4回転サルコウはできていたけれど
4回転ループに挑戦、とか聞いた時も

同じ4回転でしょ?そんなに違うの?
という点が少しピンとくるup

あと、バンクーバーオリンピック前に
ジャッジが厳しくなって
ルッツとフリップのエッジ判定がどうの、
エッジが逆だのフラットになってだの、
よく聞いたけれど、その意味が、
ほー、とわかる

そうすると、解説者の説明が
わかったり、なにより自分で見ていて
なにも知らないより

ほー

とおもしろいhappy01

昨今いわれている、
難易度より完成度がより評価され
簡単なジャンプをより高く飛ぶ方が
点数がとれる、事の意味が

ふむふむ、とわかったりする
(だからなにって…単なる自己満足catface

が、デメリットとしては、たとえば
ある国のメダリストがなんで
この難易度のジャンプでこの点数?
この順位?ていうイライラも増すね…
(じゃ知らない方が平和かもwobbly

でも、フィギュアスケートやスポーツに
限らず、なんでも、興味はあるけれど
まったく知らない世界のものは、
少~しだけ知ると、格段に
おもしろくなるのは同じだろうなnote

ものごとの理由やしくみがわかると
うれしいタイプだし

なので、これからも興味津々な
気持ちをだいじにして、
知りたい、と思ったら少し調べてみよwink

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】最後はじぶんの選択

日本では、時代はかわってきたとはいえ
いまだに女性は古い価値観に窮屈さを
感じる場面も多いと大人になって痛感。

海外で子育てをした友人も、
もちろん言葉の通じない、生活習慣も
異なる見知らぬ土地で生活するのは
苦労していたけれど、
色々と大変でしょうと言ったら、日本より

 解放されて自由だよ~♪

と言っていたな。

小さい子がいるのに○○して、
主婦なのに○○なんて、
母親なのに云々

直接言われなくても確かに窮屈な空気
あるなぁと。友人は、それがないのは
気楽だと言っていたのが、当時より
自分も母親になった今、わかるflair

男性の場合は自分の母親が理想に
なっている人が多いし。
女性も、私たちの頃は~と
部活の先輩の後輩へのお説教並みの
フレーズ(笑)で昔を今を比較したり。

でも、子供がいても自由な人もいて。
そういう人をみると、あ、そうだよね、
自分がしっかりあって周りも空気も
気にしなければいいわけで、と
当たり前に思うんだけれど、やっぱり
なかなかすぐにかわれないのも人間coldsweats01

そんな事をよく悶々と考えていると
昨年、VERYでも特集されていたようで。

母なのに、という固定概念を取り払って
わたし、これやめました、とか
わたし、子供いるけどこうします、とか。

それを読んで勇気づけられたり、
自分も自由になろう!と思ったりする
きっかけになるように、だろうけれど、
でも、そういう人たちでも、そこに
至るまでにはきっと同じような葛藤を
経たり嫌な思いもしたんだろうな。
それでも踏み出す勇気up

ま、元々自由な人もいるけれどbleah

前はそんなに思わなかったけれど、
産後特に、羨ましくなる。

結局は人の目、というより、
自分の内なる葛藤なんだろうな。

人生一度きり、ずっと悶々として
いくのか、どこかで変えられるか。

自由で素敵な人を思い浮かべて
少しずつ自由になれたらな

Imgp4348

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【子育て】アレルギーと付き合っていく

2歳児の息子

いつも薄着でげんきいっぱいcatface

風邪を私にうつされてもひどくならず、
基本は健康なんだけれど
(体は私たち夫婦とも弱かったので、
 人ごみにあまりいってないだけかも)

肌が弱くアトピー体質sweat01

Img_0802

 そうだよ~お散歩中にお茶してまーす♪

冬になると、肌が乾燥して
保湿が不十分だと炎症までいったり。
一旦炎症がでちゃうと、保湿だけでは
治らないのでお薬を塗ってきれいにして。
落ち着いたらまた保湿でしのいで…。

昨シーズンはけっこうひどかったdown

幸い、今シーズン初めはゴワゴワ肌に
なったものの、そこから保湿剤の追加を
もらって地道にがんばったら
状態がよくなり炎症がでていませんup



また、食べ物アレルギーもあってsweat01

1歳すでてからたべものの好き嫌いが
出てきて克服課題だったけれど

それより!

食べ物アレルギーがあって。

反応がでるのはわずかなので
最近意識も薄まりかけていたけれど、

息子がとろろを食べたあと、顔中に
湿疹がでて焦ったのと、
(実際にはたべたからではなく、たぶん
 ちょっと手について顔をさわったかな)

先日、友利新さんのブログで帰省時に
ミルクがきれていつもと違う種類を
子供に飲ませたら、問題なく飲んだ後
アナフィキラシーになって救急車を
呼ぶ事態になったと読んで。

なんでいつもと違うものを飲ませたんだ
という厳しいコメントも多かったけれど、
元々ミルクやその他でアレルギーが
あるとわかっていたならそうだけれど、
何もでていなかったら、普通に
別のものを飲ます事あるでしょ~と。

我が家は、はじめは半熟の卵

固ゆでが平気だったので油断していて、
卵粥をあげた時に火がとおりきって
いなかったようで発症flair

たべながら大泣きしはじめ、どんどん
口も目も腫れてじんましんが広がり、
30分くらいしてから嘔吐、下痢…

すぐに病院にいったものの、
急変もありうるので改めてこわいなと。

Imgp4169

 たべる事はだいすきなんだどな~



今はアレルギーも増えて認識も広まりつつ
あるけれど、縁のない人は甘くみがちだったり

(私もアトピーはあっても食物アレルギーは
 ないので、そこまでわかってないなthink

それくらい神経質になって、とか
今どきのこは弱い、とか過保護だから、とか

母親が妊娠中にたべた
物がよくなかったんじゃないの、とか

根拠のない都市伝説で決めつけられたり
あれこれ言われて二重に苦しむ事も
あるようで。

もちろん、何代にもわたる環境や
食べ物の変化は関係あるだろうけれど、
短絡的に妊娠・産後の短期間の行動で
勝手に片づけられるとつらいところweep
ただでさえ悩んだり申し訳ないと
自分を責めるお母さんが多いのにwobbly

私もまだあまりわかっていないけれど
アレルギー持ちはえぴぺんというものを
常備する人も多いのね。検討しなきゃsweat01

血液検査もしておかなきゃ、でも検査で
出なかったものが症状でる事も、
その逆もあるから油断できないようtyphoon

もちろん新しいものをあげるときには
少量で夜にはしないようにしているけれど
でもだんだんと外食で少しわけてあげたり
これから同じものばかりでなく
色んな物をたべてほしいし…

ただ、アレルギー系って解明できていない
部分や意見がわかれる分野でなのが
また厄介だなgawk

お医者さんでも、アトピーと食べ物
アレルギーは関係するという人と、
(我が家近辺では有名な先生のように)
まったく別という人といるし…
お薬の使い方も対処法も、ありすぎて
どれが正解かわからないsweat02

もちろん、体に良いものをたべるに
越したことはないし、洗剤も体にいい
ものを使ったり余計な化学薬品系は
なるべく使わないようにしたり、
しているけれど…

お砂糖もよくないといわれているようで。
白砂糖は特に、アトピーに限らず
よくないと最近よく聞くけれど、
つい甘いものを沢山たべてしまう私coldsweats02

特に最近ストレス発散が下手で、
妊娠~授乳でお酒を飲めないし外出も
あまりできないので余計に甘いものに
走りがちdash

甘いものは中毒性があるからどんどん
慣れて量を多くほしくなってしまうと
いうけれど、ほんとそうだなと実感eye

特に果物ならいいだろうと、食べ過ぎ
妊娠中も血糖でひっかかったり、
(果物の糖分=果糖は実はかなり多く
 お菓子よりよさそうでつい食べ過ぎる
 ので注意が必要らしいpaper

お菓子も普通にはいいけれど、
どんどん少量じゃ物足りなくなってしまい…
アトピーに限らず白砂糖は体を冷やすし
色々な面でよくないと言うけれど…

乳製品や卵も、アレルギーがなくても
体によくない説も最近自然派の人の
話で聞くし給食の牛乳問題もあったり。

確固たるデータがないので真偽は
わからないけれど、アレルギーも
出やすいし、カルシウムも
牛乳のものは吸収しにくいとかは
お腹ゆるくなる人もいるくらいだから
わかる気もする。
まぁ間をとって、無理にはとらず
食べたい・飲みたいなら食べる
飲むスタンスかな。

甘いものは…少しは減らすには、
他のストレス発散法をみつけなきゃな。

口に出したり紙に書いたりアウトプット
するのがいいらしいけれど。
怒りや文句をすぐに相手に言えちゃう
人っているけど、ほんと羨ましい。

あ、あとラフマニノフを寝る前とかに
聞くのもストレス解消だったsign03

 →この録画で見ながら聞いてます♪

ピアノを少しだけでもひこうかなshine

Imgp4366_2

 そうだね、なやめるぴあにすとだよ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »