« 【ベビー用品】第二子でリピートしたもの | トップページ | 【こころ】最後はじぶんの選択 »

【子育て】アレルギーと付き合っていく

2歳児の息子

いつも薄着でげんきいっぱいcatface

風邪を私にうつされてもひどくならず、
基本は健康なんだけれど
(体は私たち夫婦とも弱かったので、
 人ごみにあまりいってないだけかも)

肌が弱くアトピー体質sweat01

Img_0802

 そうだよ~お散歩中にお茶してまーす♪

冬になると、肌が乾燥して
保湿が不十分だと炎症までいったり。
一旦炎症がでちゃうと、保湿だけでは
治らないのでお薬を塗ってきれいにして。
落ち着いたらまた保湿でしのいで…。

昨シーズンはけっこうひどかったdown

幸い、今シーズン初めはゴワゴワ肌に
なったものの、そこから保湿剤の追加を
もらって地道にがんばったら
状態がよくなり炎症がでていませんup



また、食べ物アレルギーもあってsweat01

1歳すでてからたべものの好き嫌いが
出てきて克服課題だったけれど

それより!

食べ物アレルギーがあって。

反応がでるのはわずかなので
最近意識も薄まりかけていたけれど、

息子がとろろを食べたあと、顔中に
湿疹がでて焦ったのと、
(実際にはたべたからではなく、たぶん
 ちょっと手について顔をさわったかな)

先日、友利新さんのブログで帰省時に
ミルクがきれていつもと違う種類を
子供に飲ませたら、問題なく飲んだ後
アナフィキラシーになって救急車を
呼ぶ事態になったと読んで。

なんでいつもと違うものを飲ませたんだ
という厳しいコメントも多かったけれど、
元々ミルクやその他でアレルギーが
あるとわかっていたならそうだけれど、
何もでていなかったら、普通に
別のものを飲ます事あるでしょ~と。

我が家は、はじめは半熟の卵

固ゆでが平気だったので油断していて、
卵粥をあげた時に火がとおりきって
いなかったようで発症flair

たべながら大泣きしはじめ、どんどん
口も目も腫れてじんましんが広がり、
30分くらいしてから嘔吐、下痢…

すぐに病院にいったものの、
急変もありうるので改めてこわいなと。

Imgp4169

 たべる事はだいすきなんだどな~



今はアレルギーも増えて認識も広まりつつ
あるけれど、縁のない人は甘くみがちだったり

(私もアトピーはあっても食物アレルギーは
 ないので、そこまでわかってないなthink

それくらい神経質になって、とか
今どきのこは弱い、とか過保護だから、とか

母親が妊娠中にたべた
物がよくなかったんじゃないの、とか

根拠のない都市伝説で決めつけられたり
あれこれ言われて二重に苦しむ事も
あるようで。

もちろん、何代にもわたる環境や
食べ物の変化は関係あるだろうけれど、
短絡的に妊娠・産後の短期間の行動で
勝手に片づけられるとつらいところweep
ただでさえ悩んだり申し訳ないと
自分を責めるお母さんが多いのにwobbly

私もまだあまりわかっていないけれど
アレルギー持ちはえぴぺんというものを
常備する人も多いのね。検討しなきゃsweat01

血液検査もしておかなきゃ、でも検査で
出なかったものが症状でる事も、
その逆もあるから油断できないようtyphoon

もちろん新しいものをあげるときには
少量で夜にはしないようにしているけれど
でもだんだんと外食で少しわけてあげたり
これから同じものばかりでなく
色んな物をたべてほしいし…

ただ、アレルギー系って解明できていない
部分や意見がわかれる分野でなのが
また厄介だなgawk

お医者さんでも、アトピーと食べ物
アレルギーは関係するという人と、
(我が家近辺では有名な先生のように)
まったく別という人といるし…
お薬の使い方も対処法も、ありすぎて
どれが正解かわからないsweat02

もちろん、体に良いものをたべるに
越したことはないし、洗剤も体にいい
ものを使ったり余計な化学薬品系は
なるべく使わないようにしたり、
しているけれど…

お砂糖もよくないといわれているようで。
白砂糖は特に、アトピーに限らず
よくないと最近よく聞くけれど、
つい甘いものを沢山たべてしまう私coldsweats02

特に最近ストレス発散が下手で、
妊娠~授乳でお酒を飲めないし外出も
あまりできないので余計に甘いものに
走りがちdash

甘いものは中毒性があるからどんどん
慣れて量を多くほしくなってしまうと
いうけれど、ほんとそうだなと実感eye

特に果物ならいいだろうと、食べ過ぎ
妊娠中も血糖でひっかかったり、
(果物の糖分=果糖は実はかなり多く
 お菓子よりよさそうでつい食べ過ぎる
 ので注意が必要らしいpaper

お菓子も普通にはいいけれど、
どんどん少量じゃ物足りなくなってしまい…
アトピーに限らず白砂糖は体を冷やすし
色々な面でよくないと言うけれど…

乳製品や卵も、アレルギーがなくても
体によくない説も最近自然派の人の
話で聞くし給食の牛乳問題もあったり。

確固たるデータがないので真偽は
わからないけれど、アレルギーも
出やすいし、カルシウムも
牛乳のものは吸収しにくいとかは
お腹ゆるくなる人もいるくらいだから
わかる気もする。
まぁ間をとって、無理にはとらず
食べたい・飲みたいなら食べる
飲むスタンスかな。

甘いものは…少しは減らすには、
他のストレス発散法をみつけなきゃな。

口に出したり紙に書いたりアウトプット
するのがいいらしいけれど。
怒りや文句をすぐに相手に言えちゃう
人っているけど、ほんと羨ましい。

あ、あとラフマニノフを寝る前とかに
聞くのもストレス解消だったsign03

 →この録画で見ながら聞いてます♪

ピアノを少しだけでもひこうかなshine

Imgp4366_2

 そうだね、なやめるぴあにすとだよ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

« 【ベビー用品】第二子でリピートしたもの | トップページ | 【こころ】最後はじぶんの選択 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159203/69165568

この記事へのトラックバック一覧です: 【子育て】アレルギーと付き合っていく:

« 【ベビー用品】第二子でリピートしたもの | トップページ | 【こころ】最後はじぶんの選択 »