カテゴリー「心と体」の25件の記事

【こころ】ストレスを放す、離す

●ストレス発散?

私、ストレスを発散するのがヘタなよう

ストレスは、(当たり前だけれど)持ち越さず
はやく解決する事が大事らしいflair
でもそれって難しい。
育児はたのしいしできる事に感謝だけれど
キャパが小さく余裕のない時は多いし。

私は顔色を伺って言いたい事をぱっと
言えないとか、とか人に上にでられる
状態が苦手なんだと最近わかって。
(自分でも、○○なのにストレス感じる
 なんてぜいたくだ、とかここが矛盾
 している、とかダメだししちゃうし)

ずっとだと体調にもよくない、と
何人かに言われて、確かにそうかも~と。
同時に、ありのままのそんな
情けない自分を認める事ができたので、
それだけでも少し楽になったりup

どう発散すればいいかな、
仕事をしていないし子供たちもよく寝て
くれるのだから、時間はあるはず。

テレビっこ
→寝かしつけ後、録画を見るの楽しいnote
  でもそれだけで時間がおわっちゃうと
  焦りというかちょっと罪悪感coldsweats02

お酒は好き
→妊娠・授乳で飲めない時期も長く。
   しかも飲まない人にからかわれる…
  からちょっと後ろめたくなるのはいや

かつての趣味、ピアノ
→少しさわるとその間は集中して少しすっきり
  でも子供の前でひくとだめーと中断されちゃうcoldsweats01
  ので夜に余力ある時にヘッドフォンで。でももう
  指が動かなくて下手さが逆にストレスになったり笑

夜、一人でお散歩する
→うん、夜風はたしかに気持ちいいrun
  たまに煮詰まった時は少し落ち着く…

本を読む
→少し落ち着く。結局あまり読めなくても
  そばに本を置くだけでもちがうと発覚shine

ブログを読む
→ママタレントのブログは助けになってる。
  いい事だけでなく、疲れや悩みなどを
  素直に自然につぶやいてくれていると
  かなり安心させてもらえましたshine

など

でも私の場合、結局はどれも一時的で
紛らせたとしても、またもどっちゃうsweat02



あとは、発散するには外に放つことが
必要らしく、話す、書くなど、
好きな方法でとにかくアウトプットするsign03

人に話したり書く時間がなくても、
一人で家でも(心で愚痴るだけではなく)
声にだして言うのが大切とか。

あと泣ける映画を見て泣くとかもいい、
涙活なんて一時期はやっていたなぁ
(泣くと副交感神経が作用するらしいですね)

→私も泣くと少しすっきりするタイプ

Dsc_0773



●放す

発散できない理由の一つ、
何か思っても自分の悪いところ、矛盾を
自分の中で指摘してダメ出しする所

とか、言いたい事がいえなくて
でも消化できないから別の所で
へんに出てしまうひねくれた所

→結果、また自己嫌悪になる悪循環typhoontyphoon

で、最近ためしているのが

 自分をまず受け入れる

 100%正しい人なんていないんだし
 自分を責めず、認めてあげる

 心を離すことで、放す

 結果としてのストレスをどう対処するか
 ではなく、人や物事自体から距離を置くflair



”相手を責めるより
 期待しすぎた自分を責めた方がいい”

ということばがあったけれど、

本当にほとんどの事は、期待値と現実の
ずれに起因する

”過去と相手はかえられないけれど
 未来と自分はかえられる”

これも使い古されたことだけれど、
実践はなかなかできないと思っていたら
それも距離をあけられないのが
原因なんだろなーと気づきflair

執着しているのではないか

同じテーマ/人で何度ももやもや、
イライラする、かみあわないなら、
そこから心を離してみる

すぐには難しいけれど、意識して
心で唱え訓練するだけでもかなり違うsign01

環境や人だけではなく、あれこれできない
とか嫌な自分からも少し離れて、
そんなもんだよ、それが私だし諦めて、
と言うように心がけたりconfident

Dsc_0721



そして、執着しなくても、合う人、
うまくいく人とはだいじょうぶなんだ、と
当たり前の事を思い出してeye

よく、失言しちゃった、とか、傷つけたかな
とか後悔して自己嫌悪になるけれど
だいじょうぶな人とはそれで切れないgood

昔、友達からメールの返信がずっとなくて
私なにかまずい事いっちゃったかな?
(あ~私すぐやっちゃうからな)と思って、

長年の友人なので、勇気をだして、
私何かまずい事いっちゃった?
傷つけていたらごめんね、と聞いたら…

え??なんのこと?
ごめん忙しくて、こっちこそごめんね~
というか、これでも○○(私の名前)のこと
知ってるつもりだから、嫌いになる事ない
から安心して

と。

とてもネガティブな私、普段なら、
いやいやそんなのわからないよ、
失言続いたら仲が崩れる事だってあるよ、
とか思っちゃうだろうけれど、
その時は驚くほど素直に、
す~~っとその言葉が入ってきてhappy02

あ、そうか、言動で何かやらかしても、
私という人間全体を信じてくれているから
だいじょうぶなのかsign03

と信じられたのですweep

友達は少ないけれど、そう心から
思える友人がいるってありがたいな~とup
言ってくれた本人、たぶん忘れてるけれど(笑)

だいじょうぶnote

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

夏こそあたためる

●3つの首

   
   手首
   足首

をあたためるといいとよく言われるけれど
私は(その言葉は知らない頃から)
たまたまストールやマフラーが昔から好きで
巻くと体感温度けっこうあがったなぁ。

でも、私の場合は3つの中でも
特に体調に直に影響するのが

  足首ビックリマーク

真冬はもちろんあたためるけれど、
要注意なのは、昼夜の温度差が
大きかったり、気温が不安定な

  季節の変わり目typhoon

そして、クーラーや薄着で冷えやすい

  真夏sun

クーラーは控えめにしているけれど
ノースリーブにハーフパンツや、
膝丈ワンピース一枚ですごすことが多く

ひざ下は意外と無防備sweat01

靴下ははいた方がいいと言われるけれど
暑いし窮屈で結局ぬいじゃう…
どうしようかと思っていたところ、

あ、レッグウォーマーdenimがある!

家ではもっぱら、トップスは薄着で
はだしにレッグウォーマーつけています
(暑いと感じたら脱ぐけれど、しばらくすると
 またすーすー感じるから体は正直flair

あやしい格好かもしれないけれど、
これがとってもいいひらめき電球
ゆるめで靴下のような圧迫感もなく快適アップ



●おなか

もうひとつ、首ではないけれど、
やはり自覚を持って効果を感じるのは

  お腹を温めること

こちらも、わかっていても、暑いと
うっかり冷やしてしまうところ

そんな時はすぐにあたためる

あたたかい物をのんだり、
腹巻湯たんぽを使ったり

Tangeladybaby

使っているのはグッドデザイン賞のもの。
ドーム型は好みがわかれると思うけれど、
カバーと本体に空間があるので、
上からだと熱くないのがいいですhappy01

しかも背中の下にひいて寝ると
ちょうど肩甲骨の所にあたって
ストレッチポールの役目を果たしてくれる

冷えでなくても、胃腸の調子が悪い時、
胃が痛いとかさわると硬いとかあると、
冬でなくても、寝るとき湯たんぽで
お腹側と背中側と両方からあてながら
自分でマッサージすれば
ぐるぐる動き出すgood

それで寝ると翌朝かなりよくなっているup

子供が小さいと、ごはんも立ったり
座ったりおちついてたべられず
(働いているママさんは立って食べるか
朝は食べられない事も多いんだろうな)

よく噛むこともついついおろそかになり、
胃腸に知らない間に負担がかかるもの

あとは、

  お白湯

冬は朝からだがなかなか動かないので
起きたらまず飲むbottle、まちがえた、飲むjapanesetea

体を起こすためだったけれど、最近
またお白湯効果をあちこちで聞くeye
なので冬以外でも起きたらお白湯~

鉄瓶ではないけれど、電気ケトルでも
わかしてさます時間がなければ
電子レンジであたためるだけでもconfident

そうしたら、最近小林麻央さんのブログでも
お白湯の効果を書いていて。

常温の飲み物でもなんでも、何かを
口にする10分前にはお白湯、と読んで、
そうか、胃が最近いまいちだから
私も朝だけでなく、なるべくご飯の前には
飲もう、と改めて思ったりup

育児疲れもあるのか、歳のせいか、
年々、風邪でも不調でも改善するのに
時間がかかるようになっているので、
体の声はよくきいていきたいなconfident

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】最後はじぶんの選択

日本では、時代はかわってきたとはいえ
いまだに女性は古い価値観に窮屈さを
感じる場面も多いと大人になって痛感。

海外で子育てをした友人も、
もちろん言葉の通じない、生活習慣も
異なる見知らぬ土地で生活するのは
苦労していたけれど、
色々と大変でしょうと言ったら、日本より

 解放されて自由だよ~♪

と言っていたな。

小さい子がいるのに○○して、
主婦なのに○○なんて、
母親なのに云々

直接言われなくても確かに窮屈な空気
あるなぁと。友人は、それがないのは
気楽だと言っていたのが、当時より
自分も母親になった今、わかるflair

男性の場合は自分の母親が理想に
なっている人が多いし。
女性も、私たちの頃は~と
部活の先輩の後輩へのお説教並みの
フレーズ(笑)で昔を今を比較したり。

でも、子供がいても自由な人もいて。
そういう人をみると、あ、そうだよね、
自分がしっかりあって周りも空気も
気にしなければいいわけで、と
当たり前に思うんだけれど、やっぱり
なかなかすぐにかわれないのも人間coldsweats01

そんな事をよく悶々と考えていると
昨年、VERYでも特集されていたようで。

母なのに、という固定概念を取り払って
わたし、これやめました、とか
わたし、子供いるけどこうします、とか。

それを読んで勇気づけられたり、
自分も自由になろう!と思ったりする
きっかけになるように、だろうけれど、
でも、そういう人たちでも、そこに
至るまでにはきっと同じような葛藤を
経たり嫌な思いもしたんだろうな。
それでも踏み出す勇気up

ま、元々自由な人もいるけれどbleah

前はそんなに思わなかったけれど、
産後特に、羨ましくなる。

結局は人の目、というより、
自分の内なる葛藤なんだろうな。

人生一度きり、ずっと悶々として
いくのか、どこかで変えられるか。

自由で素敵な人を思い浮かべて
少しずつ自由になれたらな

Imgp4348

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】合わないものは無理しない

最近、30代も半ばとなると、
無理はしないのが心地よくなったり
人生の時間が貴重に思えたりしてclub
(て、年寄り臭いcoldsweats02

●夫婦

離婚、再婚する人もふえてきて
もちろん最初の相手とずっとうまくいけば
いいんだろうけれど、表現は悪いけれど
前より驚かなくなってきて。
(再婚しているのはモテル人、きれいな人
 が多いけれど…やっぱり、そうよね)

見ていると、二度目は肩の力も抜けて
失敗もふまえてみているから、
心地いい相手を選んでいるなぁとconfident

若い時は、結婚するなら覚悟がないと
いけないのでは?と思って怖かったり
他人同士だからあわないと決めつけず
お互い歩み寄らなきゃ、と思っていたし
もちろんそれを最初は試みるけれど…

心を開こうとしても
あわないものは合わないdash

無理しつづける事に何年も
費やすのはもったいないなぁとsweat02

人間いつ死ぬかわからない

と頭ではわかっていても
あまり実感として感じないのが日常

それが、最近本当に身に染みて。
こわくなったり、後悔するのだけは
本当にもったいないと感じて。
(それは何に関しても。後悔しても
 誰も時間を巻き戻してはくれない)

もちろん他人同士なのだから、
意地を張らず歩み寄って
現状打破を試みる努力は
とても大切だろうけれど、
ずっと眉間に皺を寄せている位なら
区切るのも大事なんだろうなぁとflair

特に子供がいると、子供のためと
我慢するケースも多いけれど、
私はそれをある時期子供の立場で
きいて嫌だったので使いたくない。

勝手に責任をおわされている
感覚になって。

負担になる。

子供って親が仲良く揃っているのが
一番だけれど、うまくいかない時点で
嫌だから、無理してずっと欝々と
したり喧嘩ばかりで一緒にいられても
うれしくないし、更にあなたのために
我慢している、とか言われるのは
もっと嫌。

そして、子供のため、というのは
実は子供に嫌な思いをさせる
自分がいや、という自己満足。

なので、(離婚に限らず全般的に)
仮に自分が子供のためを思って
何らかの犠牲を払ったり
何かを諦める選択肢をとったとしても、
かならず自分のため

責任を相手に押し付けず
最終的には自分が後悔しない
ものを決断すべきだなぁと

●その他の関係も

結婚に限らず、友人や親戚でも、
会ってしょっちゅう愚痴をいったり
もやもやするなら、距離をおく
方がいいなと最近思って。

一時的にかみ合わないだけで
好きな相手ならしばらく様子を
みればいいけれど
(というか好きな相手なら距離が
 あいても、どの道思いは消えない)

一度ならず毎回違和感を感じたり
愚痴をよく言いたくなるなら
やっぱりそんなブラックな自分を
自分で見ているのも嫌だなぁとsweat01

逆の立場ならやっぱり悲しいし

それなら無理して距離を縮めず、
会うなら気持ちよくあうnote

合わないだけで、嫌いでなければ
離れていれば良い所を見られるしup
(実際そういう人、いる)

嫁姑だって、元はうまくいっていても
油断して同居とか近くなると、
嫌な所がどんどん見えて
こじれちゃう訳で、遠くて年に一回
とかなら割り切れて同じ相手でも
問題おきにくいものだしwink

Dsc_0737

お仕事や子供同士が仲いいとかだと
自分の都合できめられないから
仕方ないけれど、
自分できめられる部分は自分の責任

笑顔でいられるように
していけたらいいね~heart04

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】頑張りに刺激をうけるとき、疲れるとき

頑張っている人
ストイックな人
意識の高い人

などの人は、
すごいと思うし、普段はいい刺激を
うけるんだけれど、

自分が心身の調子が悪かったり
がんばれていない時、
自己嫌悪に陥っている時などは、
見ると無言のプレッシャーになったり
余計につらくなることがあるtyphoon

これは私も感じることがあるけれど、
それを言うのも罪悪感があって
心の中に押しとどめていたら、
先日友人がしみじみそう言っていて、
あ~やはりそういうものか~と
ちょっと気が楽に。

Dsc_0721



友人は、旦那さんがすごくストイック。
ゆったり一切しない人で努力家で、
それがたまにつらくなると言っていた。

すごいしだからお前もやれーとか
いう訳ではないんだけれど、
しんどい時に弱音を吐きにくいし
手伝ってとも言えず、
無言の内に無理がたまって
挙句には体調が悪くなってしまって…coldsweats02

もちろん普段は、常に相当な
ストレスにさらされながら
休みなく努力している旦那さまを
尊敬していて。

が、

追い込まれる感じがしてしまう。

とくに真面目な人ほどsweat01

あ~わかる。
なんかわかる。

私も違う立場の人だけれど、
そういう事があって、たまにしんどいsweat02

でも別に押し付けられている訳ではなく
結局は自分で追い込んでいるだけdash

だからそう思ってしまう事にも
自己嫌悪を感じて、誰かが悪いとか
悪意ある人がいる訳ではないからこそ、
吐き出し口がなくて
ストレスも発散できない悪循環typhoon

そして発散できないから
延々とそれに縛られる…

自分は自分、と芯をもって
気にならないようになりたい。
でもなかなか性格ってかわらないよね~

身近な人でなくても、今はSNSで
頻繁に様子がみられるだけに、
色々頑張っている人を見ていると
焦ってしまうとか同じように
自己嫌悪になってしまうという人も
いるので、便利は功罪あるな~~pig



逆に言うと、自分のだめだめで
自己嫌悪になるような部分が、
間接的に、自分がふがいないとかで
落ち込んでいる人を和らげることも
できる事がある、ということねup
(↑怠惰を正当化しているだけsmilesweat01

Dsc_0697

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】相手は鏡 ~自分をかえりみる~

「相手は自分の鏡」というけれど、
本当だなぁと思うことがいっぱいflair

嫌だな~と思う事はよく考えると
その前に自分がよくない言動をとって
それも原因になっていたり

自分が余裕ある言動ができていると
相手もかわって良い方向に向かったりup

なので、嫌な事を感じた場合は
自分を省みるようになりましたwink

(といいつつ、改善できず
また同じ事をしてしまうんだけれどsweat02



もうひとつ、身近な人の
「なんかここが気に食わない、という所は
自分の持っている部分」flair

というけれど、
これも、かなりの確率であたるdash

なので、なんであの人っていつも
こういう言い方なのかしら、
こういう事するのかしら、
こういう考え方になっちゃうのかしら、

とか思った場合は、
まず自分にそういう要素がないかな?
と自問する癖がついてgood

たいてい思い当たることある(笑)coldsweats01




親子や夫婦でも、というか、
身近だからこそそのあたり、
気を付けないとだなぁ、と最近よく思う
(この記事でも書いたけれど)

 →【こころ】多くは期待しない

なかなか難しいけれど、
親子でも別人格、求めすぎない、
考えも違って当たり前と思うようにしなきゃ

夫婦はなんでも話してわかりあおう、
という幻想もやめた、求めすぎない。
生まれも育ちも違う他人。

テレビでも、夫の話でどうでもいい事
ランキングとかの1位か2位に、
夫の親戚の話が選ばれていた。

ということは、
逆も同じって事だろうから自分の
親や親戚の話は必要以上には
しないように気をつけなきゃ、とか。
(昔からの友達とはするけれどscissors

女子って話すことでストレス発散する
生き物なので、誰かにはあれこれ話したい。
(男子は動くものを見ることが必要らしい)

特に専業主婦だったり子供が小さいと
行動範囲も時間も限られていて、
どうしても孤独になるし。

だから携帯のない時代には
井戸端会議ってのが栄えていたのよねsmile




相手は鏡、の件に戻ると
友人でもあるよね。

以前、友人に
ある時期に私が何を言われても
ネガティブな答えしかかえってこなくて
何を言ってもだめだな、と思っていた
と言われて。

でも実は、私も同じ時期におんなじ事を
その友人に思っていた!!

何をいっても「ちがうの」「そうじゃなくて」
などなど。

あ~やっぱりどちらかが思っている時は
逆もな事が多いんだな~と実感eye

それ以来、相手にあれ、と思ったら
自分の直近の言動を思い返すようにしたりgood

といってもやっぱり不注意で
あ~なんであんな事いっちゃったんだろう、
変な言い方しちゃったなぁ、とか
だめな事も多いんだけれど…

でもすこーしずつすこーしずつでも
自分を磨いていけたらいいなconfident

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【子育て】お金もだいじだね~

お金がすべてではない

けれど、

お金はいきていく上で必要不可欠sign01

子どもの頃は、ただなんにもしなくても
一日すごすだけでこんなにお金がかかるなんて、
わかっていなかったcoldsweats02sweat01

特に日本はお金の事はコドモは知らなくていい
そういう話題は下品だ、といって
隠す傾向があるから、そのギャップが…sweat02

その気持ちもわかるけれど、
ある程度の心構えは、何より本人が
自立していきていけるオトナになるために
必要じゃないかな

Imgp4169

ゴハンたべていくのってタイヘンだね~smile

お金がすべてではないのに、
お金がないとお金を追いかけざるを得なくて
他の事にエネルギーを注げなくなってしまう
というのは残念だし。。。



そして、私は色々な事情で現在、
専業主婦かつ当分はその状態が続くので、
またお金についてたまに感じる

やはり自分で稼ぐお金がないのは
精神的な自由も減るdown

夫は古い家で育ったのでそれが当たり前で
気にしなくていいと言ってくれるけれど、

自分のお金じゃないと、買う時には
やはり確認してOKもらわないと悪いとか、
買い物以外でも微妙に発言力が弱い、
強く言ってはいけない気がする時がありsweat01

お金が余っていればいいけれど
余裕がない中で、夫も色々と我慢して
くれていると余計にこちらも罪悪感がでる…

もっとうまくやりくりしている人は沢山いる
のだけれど、食べ物は特に中身も大事だし
小さい子がいると、光熱費も
節約しすぎは無理だし

Imgp4444

うーん

必需品以外で、たとえば服がほしかったり
年に2,3回ふとネイルをしたくなったり
帰省で友人との交際費がかさむ時など、
生活費ではやりくりできない娯楽費は
結婚前の貯金を何かと崩したり、
お年玉やお誕生日の御祝いを
やりくりしているheartけれど、、、

そう、それも
いつまでもある訳ではないtyphoon
(あたりまえcoldsweats01

Imgp3527

そうだよーん びろーんcoldsweats02


今は仕事をする余裕がないけれど
(能力以前に、諸事情で体力が持たず、
仕事に穴をあける可能性がある状態では
最低限の信頼を得られないのは当然、
迷惑をかけるだけなので)

わずかでも収入があるというのは、
買いたいものが買えるだけではなく、
精神的自立やストレス発散を自由にできる、
疲れた時にお金で解決する手段が増える
など、大きな意味をもつと実感

もちろん、フルタイムで働きながらの
子育ては苦労も多いし、
フルタイムでないと保育園に入れないし
子どもが小さい内に時給の低いパートを
短時間いれても、出ていくお金の方が
多くて意味がない、など現実には
自分に特技も根性も体力も精神力も
ないといけない

だからこそ、とりあえず働かなくても
子育てしていれば、生活させてもらえる
ありがたさをしみじみ感じるtuliptulip



ただ、ただ、
もし女の子の親になる事があったら
子どもには経済的に自立できて
結婚・出産後も続けやすい職につくなり
自宅でできる手に職を身に着けるなり
してくれたら安心だなぁと

経済力は発言力にもつながるし

ひいては、男の子でも女の子でも
親が残せるものは、

一生いきていけるお金ではなく
一生いきていくお金を稼ぐちからを
          身に着けさせること

だなぁと前から思っていたけれど、
改めて実感する

 →これ、わかるなぁ
   「ナスビを売らされた少年

言うは易く行うは難し、なんだろうけどgawk

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【こころ】多くは期待しない

ある時、

 期待しすぎない

これを大切にしようと。

無意識にわたしは
これはこうあるべきとか、こうなってほしいと
期待しすぎているなとsweat01

それも、自分の力、努力で成し遂げるための
前向きなものならいい事だけれど、
他者や環境、いや自分自身についても、
過度に期待すると空回りしたり、逆効果だなとsweat02

これって私に限らず、結構多くの悩みって
これが原因だったりするんじゃないかな。

そしてそれって鬱とかにもなりやすいらしい。

そして、実際意識したら少し楽にup

Photo

↑くぅーすか息子

その分は別の面で発散する方向を考えよう

例えば、この人にこれは期待できないけれど
こっちの人はその部分を話せて癒される、
それがなんてありがたい事か気づけた、とか

自分はこれはできないけどそれは無理せず
こういう解決法ををとったら楽になって
笑顔が増えて家族だって嬉しい、など

諦める一方で良い発見があったりflair

固執をやめて勇気をだして一歩踏み出すと
あたらしいものが見えることってあるなぁとhappy01


家族も儚い

結婚は家族が増えることだと
思っていたけれど逆で、
安心できる家がなくなることだと気づき。

子どもの時にはわからなかったけれど、
家族は他人から始まって、
常に築いていかないと壊れるのも簡単

悲しいけれど、
大人になるってそういう事なんだろなclover

結婚相手だって、みんなしっかりどんな人が
いいか(人によって違うけれど)考えていて
何を優先するか、そして別の部分は
自分で補ったり努力していて。

とても優しくて怒った事ないダンナさまを持つけれど
お給料は頼らず一緒にローン返済頑張っていたり
稼いでくれるけれど、家事育児は手伝わない
ダンナさまで体調悪くなっても踏ん張っていたり。

親子は血のつながりがあるから可愛がるのは
当然というか本能だけれど、
夫婦は絶妙なバランスだなぁとしみじみ。

子どもが小さいと、実家と近居が多くて
更に実家と旅行、海外で同じ部屋でも
普通にいけちゃう人も結構いて

しんどい子育て期、いいなぁと思うけれど、
それらも諦めたら楽になったup



想像を絶する大変な状況が、
以前家族内であったので、それを経験すると
なにはともあれ、平穏に感謝だなぁと

また、その経験から、人生いつ突然
予想もしない事でおわるかわからない、と
当たり前で頭ではわかっていた事を心で感じて。

 人生思ったより短く儚いsign03

あーだこーだ無駄に使う時間ももったいない


Photo

そして、そう思うと余計に
歳をとったあと、人との関係や
ほどよく忙しくあることが大切だなぁ

家族しかない、となると子離れできなかったり
夫婦のストレスがたまったりしてしまう。

暇だとたいてい人間、余計なこと考えるbleah

でも私は大切な人を失望させてしまったりが
いくつかあって自信喪失が続いていて
新しい友達などを作る自信がないsweat01

仕事や趣味も今は行う余裕がないので
少しゆとりができたら、かなぁ

少なくとも、視野が狭くなりすぎない
好奇心をなくさないようにしよgood

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【子育て】環境の変化は実際どうだったか

関西に引っ越す際の不安だった点↓は
実際に引っ越しが落ち着いて…

1.友達が近くにいなくなること

2.地域差別のこと、いわゆる同和問題

3.夫の休みがほぼ週一日になること



1.

これは仕方ないし、子育て期だと
東京にいても皆仕事と育児や
子どもが複数いて送迎などで
忙しくて昔みたいに会えないし。

あとはやっぱり良い時代
気遣って友人の何人かが、以前より
まめにLINEでやりとりしてくれて、

メールより気軽なので、用がなくても
とりとめのない世間話もでき
とってもとっても助かってますup

(自分からばかりだと連絡しにくくなるので
 ふらりと会話してくれる人は本当に貴重weep



実家ともFacetimeがあるので
時には孫の顔を見てもらえるし。

とは言っても、1歳男児なので
動きたくてたまらない時期。

あちこち動いてしまうし、私も家事を
しながらだと携帯をまめに動かせず、
結局あまり顔がうつらないcoldsweats01

今の時代、本当は娘側の孫は身近flair
実家の近くに住んだり
子どもが手のかかる内は毎日のように
子守りをしてもらったりおかずをもらうなど
している人も多く本当に助かるらしい

でもまぁ私の場合はあまり頼りすぎると
自分でできなくなっちゃいそうだしbleah
その分帰省の時にゆっくりしてっとshine
ゆっくり帰省できるのも今だけだし

母も歳だし一人暮らしになったので心配
(母も私も、周りによく、一人っ子なのに
 遠くにお嫁にいくなんてよく許したね/
 許されたね、といわれるcoldsweats01

Imgp3632



2.

これは複雑で一番つらいsweat01

両親が関西出身という事もあって
昔から聞いて東京の人よりは知っていて

ただ差別かわいそうという
単純な問題ではない事はわかっていたし。

現代は、弱者というより(人種差別などと
同じく)被差別側が既得権益に
なってしまっていて、一旦できた権益を
はがすのは政治と同様難しいだろうし。

更に裏社会とも通じていて…複雑な問題sweat02sweat02

年々、どこがそういう地域かうやむやに
なればいいけれど、
差別がなくなったら利権もなくなるので、
被差別側はずっと声高に差別を訴えて
薄まらないし。。。


京都(環境局)の公務員の問題が代表例

 京都市環境局

あの王将の社長銃殺にも部落解放の活動も
している裏社会の大物が関わっていそうでwobbly

東京や関東ではほぼ聞かないのは、
土地由来的(元々狩猟民族、武士社会で
動物の屠畜に抵抗がない気質だった…?)
歴史的背景(関東大震災、大空襲で破壊
され作り直し人もたくさん動いた)、
また人の移動も多いとかあるけれど、

何より関西では行政側が、
優遇措置の要求に対して認めてしまい
利権を作ったのが大きいよね。。。
(金銭や就職の優遇、自治体関連の
 仕事を優先的に回してもらったり)

お金で解決ってラクなようで一番大変dash
ビジネスとして巨大な市場があったら
なくす事はもう難しいだろうな。。。

そしてそういう事をするから周りは
それを嫌がってお互いの溝が広がるdash

その対応がなければ~と思わずにいられない



自分の事として考えると…

子どもの結婚などに際しては私も
きれいごとではなく心配にはなると思うし、
柄が悪く治安もよくなければ、
大部分は普通の人としても構えてしまう。

けれど、そういう事情をふまえた上で、
犯罪や優遇・利権は許さない、
それ以外のまじめな人たちへの
偏見はしない、が大事だと思うけれど

きちんと生活している人でも
単純に地域だけで、ここはどうせこうだろ、
と蔑視したり、ひどい差別用語を使う人を
人生で初めて見てショックを受け。。
それが身近な人だと余計に傷つき
一時具合が悪くなってしまった…

そんな事じゃいけないとはわかって
いるけれどコントロール外なので難しい。

そういう時って人はすごい顔をしているので
見るとまた苦い気持ちになってしまうから
顔を見ないようにしたり

自分もきっといや~な感情のとき、
こういう顔をしているんだなと自戒して。

Dsc_0773



3.

ダンナさんにお願いできることが物理的に
減り、また家にいても疲れて余裕ないから
悪いな、と頼みにくい心情で尚更かな、とsweat02

そうなると、ただでさえ私の体力がなく、
お出かけ殆どできていなかったのに、
もう尚更で何もできない日々になるかなとsweat02

実際は…

確かに土曜も平日みたいに気が張るけれど、
その分平日朝は、少しでもゆっくり寝てて
と言ってくれる夫に甘えさせてもらったりup

お昼間も、引っ越して友達もいなく、
土地勘もないから一人でもあちこちいかず
近所しか活動しないから体力はもったり。
(それがずっとだとクサクサするけどcoldsweats01

それでも日曜ばてて何時間か寝込んだ事もcoldsweats01
そして起きたら、夫も6日出勤の疲れ、
慣れない長距離車通勤の疲れで眠いのに、
子供の食事と着替え、洗濯2,3回おわり
干す所までしてくれていた時もあって、
もう感動と申し訳なさとweep

その分、土曜の夜は
少しでも好きそうなものを考えたり、
前よりも働いている夫を見て、
こちらも育児をがんばろうと思えるup

夫自身も、前はがんばりきれていない
自分がもどかしいようだったので、
ちょっときつくても頑張っている方が
気持ち的にはすっきりするようflair

お互いそれぞれの役割をがんばる時shine

ただ、、、

今は夫は仕事でやる事もやりたい事も山ほどsign01
なのに日曜(私がばてて)家事育児を
言わなくても手伝ってくれて
更に疲れさせてしまって仕事に影響が
でていないかが心配で心苦しいsweat02

足を引っ張っているな~これじゃ夫婦の意味
あるのかなと感じるので
少しでも体力つけてうまくやりくりしなきゃgood

Imgp3667



あとは、大きな公園や川がそばにあって
子連れで住みやすいし、
大阪より関西弁もゆるやかで、実は
あんまり引っ越した実感がわかないclover

これからゆっくり少しずつ行動範囲も
広げて開拓していこう~happy01good

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【子育て】さりげない一言で うれしい、救われる

●うれしいとき

手が離せなくなったり、具合が悪かったり
なんらかの理由で自由がきかなかった時、
頼まないのに気づいたら

途中でとまっていた家事が進んでいるsign03

後回しにしていたはずの家事がされているsign03

という時、本当にうれしいupup



頼んでくれればやるよ、と言われていても、
お願いするとこっちがやらせている
罪悪感があったり、そもそも言われれば、
位の感覚なら進んで自ら手伝うまでの
気力はない訳だし、、、と思うと言いにくい。
夫もやらされてる感で手伝ってもらっても
うれしくないだろうしsweat01

とお互いなんとなくすっきりしないけれど

同じことでも、自ら手伝ってくれていると
こちらもこき使う嫁な罪悪感を背負わないし、
夫も頼まれていないのに手伝うって
言われて行うより数段素敵なダンナになるflair



そして、やり方もあまり色々いうと嫌だろうと
細かく言わなくても、私のやり方を普段見ていて、
これってこうやるんだよね?と
尊重してくれていた時のうれしさshineshine

見ていてくれたのね~と感動up

そこは、まめな人でないと
やる気はあっても難しいだろうけれどcoldsweats01

Imgp3653

あ、これは息子だったcoldsweats01

我が家に限らず、世の男性はみんな
ここの違いの大きさにきづいて
一歩踏み出してほしいbleah





●うれしいこともうひとつpaper

引っ越して広くなった寝室に
お布団を三枚ひいて川の字で寝る事
数日たったころ

ふと寝る時にダンナさんが、

「よかった。やっと○○(私の名前)を
 少し幸せにしてあげられたかな」

とぼそっと言っていて。

寝室が広くなった事というより、
そんな風に家族が思っていてくれていた
というのがびっくりで、うれしかったhappy01



夫の親は夫の祖父母と同居で
すご~く苦労して、今でも本当に大変で
家も古すぎてお手洗いも和式、
キッチンも古く狭く使いにくいsweat02sweat02

そんな母親を不憫に思ってすごく仲良くて
いつも母親がかわいそう、親孝行したいと
親への思いあふれているのを知っているので

私は同居でないだけでなく
比較的現代的な家に住ませてもらって
なんかすいません、みたいなcoldsweats02

今はそれが普通だけれど、
母親がかわいそう、でも祖母は
こうこうこうでもっと苦労しているから
母親も恵まれていると感じるのは当たり前

と、比べる基準がすごく高いので
ただでさえダメ人間な自分が
すごーーくいけない事をしているように
いつも苦しくて苦しくて苦しくて

もっと広い家に住んでいる人や
持ち家の人も多いとはいっても、
快適な家に住んですみません、という想い
ダンナさんは実家で働くのに
通勤が遠いにも関わらず私の事を考えて
今の家をみつけてくれてweep

ずっと肩身が狭いというか、
苦労しないで安穏と暮らして
更に暮らしやすい街のステキな一軒家に
住ませてもらえて、罪悪感との戦いdowndown

実家のそばに住めばという声が
最初あったので、責められなくても
自分でおm無意識のうちに
なんとなくずっとちぢこまっていて。。。

それが、やっと少し幸せにしてあげられたかな、
という風に思ってくれていて
あ、ワタシいけない事をしていないんだ、
ここにいていいんだ、
と、少し苦しみから解放されたというか。

元々、自分に自信がない事もあって、
やっと許されたと感じられたというか、
安心して深呼吸できた気がするnote

Imgp3443



●さらにほっこりうれしい時

家やインテリアの本が好きで
たまに図書館で借りて読んでいると、
別に住みたいとかじゃなく眺めて
楽しんでいるだけなんだけれど、

「いつかそういう家建ててあげられる
 ようにがんばるから」

別荘の本を見ていると、

「いつか別荘建てられるように
 がんばるから」

と言ってくれたり(笑)。

え、そんなつもりじゃないし、と
思いつつも、そういう方向に
考えてくれるだけで嬉しいなとconfident

なんだよ、そんな家見て嫌味かよ、とか
ぜいたくな事考えてんじゃないだろうな、
とかいう方向じゃないのがうれしかったup

私もふとした時に思いやりのあることばを
かけられる人になりたいな、と。
日常に忙殺されると、ついつい
も~○○でしょ!ぷんぷん!
となってしまいなかなかできないけれどcoldsweats01

Imgp3724

結婚前から、ダンナさんは
あまり普段は言葉で喜ばせようとしないというか
いわゆる日本男児で
ちょっと不安になることもあるけれど、

ふとした私の発言、行動をよくみているようで、
その時は大きくいわないけれど
私の願望をくみとって覚えていて、
なにかの時にそれをかなえてあげよう
としてくれる、不器用ながらまっすぐ

でも、それが普段は見えないから
やっぱりまたどう考えているのか
わからなくなる。。。coldsweats01

という事は、自分も思っていても
ちゃんと表さないと不満をもたれる
というか、わからないよね、とflair反省

自分の感じる事を通じて
自分の行動を日々見直そうっとgood

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村